1914年の嘘と1995年の冗談

1914年の嘘

ハルマゲドンとはこの世の終わりを神エホバがもたらすというものみの塔協会最大の嘘である。このハルマゲドンの教義は1995年に決定的に変更された。もうすぐハルマゲドンは来るのだが、そんなに直近でも無いという意味不明なことになったのである。

エホバの証人は主要な教義がわりと頻繁に変更されるいい加減な宗教団体である。私がエホバの証人2世だった頃にものみの塔協会で重要視されていたのが1914年の教義である。1914年以来イエス・キリストは見えない統治を開始した、1914年の世代が死に絶えるまでにハルマゲドンが起こる。そういう教義である。

本来は終末が来たる年が1914年とされていたのだが、周知の通り最終戦争は起こらなかった。仕方が無いのでものみの塔協会は1914年の預言を既に無かったことにしている。1914年は第一次世界大戦が勃発した年で、それはキリストの再臨の証しであるとされ現在のエホバの証人的には預言的中ということになっている。ものみの塔協会によって話がすり替えられてしまったのである。キリストの再臨の象徴が世界大戦の勃発とは何とも突拍子も無い話だが、もっか洗脳状態のエホバの証人にはそんな理屈は通用しない。





1995年の冗談

もともとは1914年がハルマゲドンの起こる年だったのが、それをキリストが再臨し天で見えない統治を開始したということにものみの塔協会は変更した。そして1914年の世代が生きている間にハルマゲドンが起こるということにしたのである。こうして1914年が無難に過ぎ去った後でハルマゲドンの勃発時期を暫定的に延長したのである。そして時が流れ、21世紀間近となった1995年に終末の到来時期を再延長せざるを得なくなった。

1914年の世代が全て死ぬとなると、どんなに長生きした1914年生まれの人がいたとしても、21世紀初頭にはハルマゲドンが来ないと預言大ハズレということになってしまう。この矛盾を解消するためにものみの塔協会は1995年に預言を改訂した。1914年を含む時代背景に関連した世代が死に絶えるまでにはハルマゲドンが起こると終末期限を再延長したのである。

1914年を含む時代背景という雰囲気的な預言になったので、ほぼ無期限にハルマゲドンの勃発時期を延期できることになった。1914年以来同一の時代背景となると、見方次第では今でも1914年以来同じ時代ということになるかも知れない。もはや気持ちの問題である。この冗談みたいな預言を現在でも信じているエホバの証人がいるのである。流石にものみの塔協会もこれ以上の延長はみっともないと気付いたのか、最後には捉え方次第で何処までも延長できるフレキシブルな預言にしたのである。

我々が生きている間にはハルマゲドンは来ないし、例えこの世界の終わりが来るとしてもものみの塔協会の預言通りのハルマゲドンは起こらない。冗談じみた雰囲気的なハルマゲドンの預言など信憑性ゼロなのである。

こうして終末のハルマゲドンは

  1. 1914年
  2. 1914年に生きていた人がいなくなるまで
  3. 1914年的な雰囲気のある時代に生きていた人がいなくなるまで(無期限)

とキャバクラ的に延長されたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。