エホバの証人のエロチックな幼児への性教育

エホバの証人のエロチックな幼児・児童への性教育は性的虐待である

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。そんな私は小学校の高学年にもなると性的な衝動に強く駆られるようになった。これが1990年代初頭のことである。私は10代前半だった。

思春期の男の子の性欲の高まりは正常であるし、好きな女の子が出来たというのも原因ではある。しかしそれ以上に大きな原因があった。エホバの証人の過激な性教育を受けた影響である。

エホバの証人は小さな子供に性教育を行う。マスターベーションはダメだ。肛門や口を使ったセックスは禁止、そんなことをエホバの証人2世の子供は幼児の内から教え込まれるのである。

キスやペッティングは結婚するまで禁止、淫行、姦淫?なんだそれ?という子供にひたすら禁止、禁止と教える。ものみの塔協会の出版物には思わせぶりな写真や挿絵が載っていて、さらに少年の欲望を刺激する。

小さな小さな子供に露骨な性的情報を教える必要はない。むしろエホバの証人は児童・幼児に性的な虐待を加えていると言える。

マスターベーション禁止のエホバの証人

恐ろしいカルトなので当然なのだが、エホバの証人に関わることは子供の教育に多大な悪影響を与えることになる。性的な情報を否が応でも幼児の内から放り込まれると思春期になるとその爆発を止めるのは不可能。

私は、小学生のうちからマスターベーションに目覚め、好きな女の子が出来て、その子と(最悪別な人でも良いけど)早くセックスしたいと願っていた。

日常的にマスターベーションを行い、その女の子と両想いになって軽くデートまがいのことをしていた。ものみの塔協会はマスターベーションを禁止している。ほとんどのケースで結婚前の異性間での交際も禁止である。

異性間の交際が認められるのは、双方がエホバの証人の正式な洗礼を受けた信者で、かつ結婚を前提にしている場合のみ。エホバの証人二世の子供にとって、男女交際が許されるのは、相当先のことである。例え異性と交際できても、結婚するまでセックスは許されない。

小学校高学年の私がしていたことはものみの塔協会の教義に反することだった。エホバの証人の言うところのハルマゲドンというこの世の終わりが来れば私は生きたまま体を焼き尽くされる。

それでもセックスしたいという少年の欲望やマスターベーションから手を洗うことは出来なかった。

エホバの証人のセックスについてはこちら


“エホバの証人のエロチックな幼児への性教育” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください