エホバの証人のセックス

エホバの証人2世のセックスに対する執着

エホバの証人2世の性に対する執着は尋常ではなく強い。子供の頃から過剰に性教育を受けているからである。これはものみの塔協会の方針である。正式な交際中なら手をつなぐのはOKだが、キスはNG、例え結婚していても肛門でのセックスはNGと露骨な性描写がものみの塔協会の出版物には記載されているのだ。こういった性に関する教義を、小学校に入る前の小さな子供たちにエホバの証人の親たちは臆することなくたちは教え込んでいるのである。

思春期になるとこのものみの塔協会の出版物は逆効果となる。エホバの証人2世だった私は教団の出版物の文章にある性描写に異常な興味、関心を覚えた。ただそれはすぐに叶えられる欲望ではない。自分自身がものみの塔協会に献身し、その後で既に献身している異性の信者を見つけ、適切な期間の純潔な交際状態を保ち、ようやく結婚、その後でやっとセックスに至るのである。気の遠くなる遠大な道のりである。

過剰な性に関する情報を供給され、それを発散することは永遠とも思える先まで禁止されているのである。これでは余計にセックスに対して興味が高まっていくだけである。はちきれそうな性欲を誰もが抱える思春期を迎えるとエホバの証人2世はもはやそれを抑えることが出来ないのだ。

エホバの証人という宗教の本質

結局の所、エホバの証人の2世たちはセックスが出来るということだけで結婚相手を同じ信者の中から見つけることになる。結婚に至るまではセックスが許されないからである。純粋なエホバの証人2世にとって基本的には初夜がお互いの初めてのセックスということになる。相性も何もあったものではない。そうやって造られた家庭が円満な生活を送れるはずがない。

夫婦の片方が信者をやめたいと言い出したり、子供の2世が組織を去ったりということでもエホバの証人の夫婦は離婚に至る。エホバの証人の離婚率は高く、夫婦というミニマムの単位ですら幸福に導くことも出来ないとんでもない宗教なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。