エホバの証人のエロチックな幼児教育

エホバの証人のエロチックな幼児教育

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。そんな私は小学校の高学年にもなると性的な衝動に強く駆られるようになった。男の子として正常であるし、好きな女の子が出来たというのもあるが、それ以上に本当に小さな子供の頃から不要なものみの塔協会の性教育を受けた影響が大であると私は思っている。

マスターベーションはダメだ。肛門や口を使ったセックスは禁止、そんなことを幼児の内から教え込まれるのである。キスやペッティングは結婚するまで禁止、淫行、姦淫?なんだそれ?という子供にひたすら禁止、禁止と教える。ものみの塔協会の出版物には思わせぶりな写真や挿絵が載っていてさらに少年の欲望を刺激する。恐ろしいカルトなので当然なのだが、エホバの証人という組織に関わることは子供の教育には多大な悪影響を与えることになる。

そんな訳で私は小学生のうちからマスターベーションに目覚め、好きな女の子が出来て、その子と(最悪別な人でも良いけど)早くセックスしたいと願っていた。日常的にマスターベーションを行い、その女の子と両想いになって軽くデートまがいのことをしていた。

ものみの塔協会はマスターベーションを禁止しているし、ほとんどのケースで婚前交渉も禁止である。小学校高学年の私がしていたことはものみの塔協会の教義に反することだった。ハルマゲドンというこの世の終わりが来れば私は生きたまま体を焼き尽くされる。それでもセックスしたいという少年の欲望やマスターベーションから手を洗うことなど出来なかった。これが1990年代半ばのことである。

エホバの証人の両親の間違った教育姿勢

そして私は中学生になった。この頃の田舎の中学校では全員がクラブ活動への入部を強制されていた。しかもほぼ全ての男子生徒が運動部へ入部する。男で運動部でない奴は非国民のような風潮がその中学校にはあった。

私の両親はエホバの証人の会衆内の風潮に倣って私を文化部にいれようと必死だった。そもそも両親は当初から、中学校に進学した私が文化部に入って当然という考えだった。子供の未来を当然○○だと決めつける何ていうのは教育方針としては下の下である。しかもそれが自分たちで決めたことでなくエホバの証人組織の言いなりになってのことなのだ。思考停止も甚だしい。完全なるものみの塔協会の洗脳下にあった証拠である。これ以上周囲からエホバの証人のせいで浮くのは避けたかった私は、文化部を強要しようとする親を押し切り、何とか運動部に入部することが出来た。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。