Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

犯罪の温床となるエホバの証人組織

Amazonのプライムビデオで『カルト集団と過激な信仰』を見た。7エピソードのうちパート2がエホバの証人。

登場するのは、エホバの証人組織内で児童性虐待を受け続けたエホバの証人の二世信者。彼女が大人になってエホバの証人組織を告発するという内容。

彼女は幼い頃から児童性虐待を受け続け、エホバの証人組織内で告発するも黙殺される。番組内では、エホバの証人組織内での児童性虐待の組織的隠蔽が明らかにされている。

ものみの塔協会は、他にも悪さをいっぱいしているに違いない。児童性虐待は氷山の一角。ものみの塔協会は、組織の体面を守るためたなら組織的隠蔽工作を辞さない自浄作用のないカルト集団であるということ。

脱会しにくいエホバの証人はカルト

児童性虐待を受けながらも大人になった彼女は、ようやくエホバの証人を断絶することを決心する。ここまで追い詰められながら断絶に踏み切れなかったのは家族がエホバの証人だから。

自らエホバの証人を断絶した人は、組織に残る人から見ると排斥処分になった人と同じ。排斥者はものみの塔的罪を犯し、組織から追い出された人。排斥者は村八分扱いされ、街であっても挨拶もされず、家族であっても必要以上の接触を拒否される。

この排他的な戒律があるため、エホバの証人を辞める決断が出来ない人が多い。辞めるのに苦労する、入会は簡単だが脱会に縛りがあるというのもカルトの特徴の一つ。

エホバの証人に児童性虐待者が多い理由は自ら招き入れているから

エホバの証人に児童性虐待が多い理由にも番組内で触れられていた。この番組は女性目線なので核心には迫り切れていなかったが面白い理由は紹介されていた。

本来、エホバの証人に性虐待者が多いのは、性的情報をふんだんに与えられつつも性的抑圧を受けているから。しかもその性的情報は子供の頃から過剰に供給される。

男性の性欲は誰にでも向くので、発散できないといずれ暴発する。その暴発の行方が弱者である幼児だっただけ。バレなきゃなんでもありのエホバの証人の二世信者らしさ。

エホバの証人のエロチックな幼児への性教育

エホバの証人の教義とその特徴である二面性

米国では、エホバの証人は刑務所でも勧誘活動を行っているらしい。刑務所の中での教誨の一種だろうか。興味ぶかいのは、エホバの証人が開いた刑務所勧誘会に集まってきたのは、児童性虐待者で捕まった受刑者ばかりだったという点。

そこで「児童性虐待の罪も許されます」と勧誘する。バカなの?児童性虐待の常習者を集めて信者にしたら、そりゃ子供たちは狙われますがな。

そもそも刑務所でなぜカルトの勧誘を許す?刑務所に入っちゃっているようなお馬鹿さんがカルトに引っ掛かりやすいのは当然。カモを集めて、そこに鉄砲を打ち込むようなもの。とはいえ、集まってきたのは性犯罪目的の人だけだったというキツイ冗談。

結果、常習者たちが児童性虐待目的でエホバの証人に大量入会。エホバの証人になれば「児童とやりたい放題」と性犯罪者の目には映った。性犯罪は組織ぐるみで隠蔽して守ってくれるし。冗談のような悲惨な話。

上に立つ者が省みない愚か者だと、下にいる弱者たちにとっては地獄でしかない。それが罪のない二世信者の子供。やはり、絶対にものみの塔協会の存続を許してはいけない。ものみの塔は破壊すべき存在なのだ。

ロシアのようにエホバの証人をせん滅するべき2つの理由


“Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください