ロシアのようにエホバの証人をせん滅するべき2つの理由

エホバの証人の存在は許されない

私は生まれながらのエホバの証人の二世信者だった。エホバの証人という宗教のせいで私の家族は崩壊。私の子供自体はエホバの証人としての生き方を強制された生き地獄。

私は14才の時に自分の意志でエホバの証人を辞めたのだが、それ以前に楽しい思い出は一切ない。私の人生の恥部。エホバの証人としての幼少期・少年期は無かったことになっている。

こんな私が自身の経験を元に断言できることは一つ。

エホバの証人とものみの塔協会は有害なカルトであり、この組織に属したり協力したり黙認したりすることは、社会的に許されないということ。破壊的カルトに信教の自由など必要ない。放っておけば国や全地球に災厄をもたらす集団。

エホバの証人に関係した家族は引き裂かれ、信者は精神を病み生産的な活動ができなくなる。こいつらが社会保障費を貪る。貪りつつもエホバの証人組織には寄付をし、ものみの塔協会の上層部だけが潤う。

そして、ものみの塔協会は宗教法人であるため納税しない。徹底的な悪循環。宗教としての救いがあるのなら、まだマシなのだが、エホバの証人は家族を崩壊させ、信者の精神を病ませる。救いのない有害なカルト。

エホバの証人の公式サイトから寄付がデジタル化している

ロシアのようにエホバの証人の活動を禁止するべき二つの理由

日本も、ロシアのようにエホバの証人の活動を禁止しものみの塔協会を壊滅すべきだ。

  • 理由①
    ものみの塔協会が貯め込んだ資産を没収できる。没収した資産は国債の返済やエホバの証人被害者の救済に充てればいい。
  • 理由②
    エホバの証人は選挙に行かないので、票田にはならない。献金もしないはずなので、政治家にメリットはない。宗教法人としてものみの塔協会を優遇する理由が一切ない。

エホバの証人をつぶして、資産を吐き出させれば日本中にメリットがある。

ところが、そうはならず未だに宗教法人として優遇されている。実はものみの塔協会も裏で献金しているに違いない。

さらに、エホバの証人以外の宗教団体や民間の人権団体の反対があるだろうからこうは上手くいかない。

エホバの証人は投票しないので、エホバの証人を撲滅する党とか立ち上げても、エホバの証人は反対政党に投票しない。ものみの塔財産没収、信者に最低限を均等に分配、後は国庫へ。で誰も損しないので良いはずなんだが。

とはいえ、エホバの証人は迫害されるとさらに燃え上がるマゾ体質なので、まずは信者たちの洗脳解除がカギ。

そもそも人権や自由が認められている日本で、エホバの証人を迫害しちゃった前例を作ると、やはり公益を損する可能性がある。国全体に心の余裕がなくなると、宗教全部潰しちゃえみたいなことになりかねない。古い神社とかにも被害が及ぶ可能性がある。

とすると、エホバの証人の罪をまずは問うべき。エホバの証人には大きな罪がある。児童虐待。懲らしめ懲らしめと言って、子供を虐待し続けている。この事実がある限り、エホバの証人に限っては活動禁止で良いと思うのだが。

日本支部本部の海老名ベテルに貯め込んだ資産や、日本中の王国会館の土地を没収。信者の救済に充てるというのが美しいストーリー。

エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは


“ロシアのようにエホバの証人をせん滅するべき2つの理由” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください