エホバの証人の洗脳からの覚醒体験

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世信者の脱会本。絶版になので読むなら中古で。

 

作者の洗脳解除の瞬間、覚醒と表現されている。頭の中にこの文字が現れたという。

「オマエハ シュウキョウノ センノウカラ トカレタ」

この作者の場合は極端だが、洗脳が解ける瞬間というのは誰にとっても分かりやすい体験として現れる。

洗脳からの覚醒体験の内容は、本人の趣味嗜好によるところが大きい。作者はSF系の映画や漫画が好きで、それに影響されている所が大きい。

エホバの証人の洗脳解除覚醒の瞬間

私の洗脳からの覚醒の瞬間は、インターネットを見ていて

「ラッセルの墓はピラミッド~♬」という記事を見てピンときた。頭の中で全ての疑惑が一瞬でつながった。

エホバ = 架空の存在

統治体を始めとするものみの塔協会 = 大ウソつき野郎、組織ぐるみの隠蔽体質

エホバの証人 = 騙され搾取されている人々、オウムや統一教会などのカルト被害者と同じ

一瞬で結論が出て、数々の疑問の答えが出た。

ハルマゲドン = 来ない。

この世の情報はサタンなので避けろ = ものみの塔協会による情報統制

エホバの証人の王国会館が病人だらけでサムイ奴らが多い理由 = 騙されている弱者の集団だから、思考停止して自分で考ることを止めた現実逃避者だから

エホバの証人の洗脳からの覚醒の後にやってくる絶望こそ人生の真理

洗脳からの覚醒体験はある種スッキリする。のだが、その後絶望がやって来る。過去のエホバの証人としての行為全てが無駄というか、世間に害をもたらした罪だったという厳しい現実を叩きつけられることになるから。しかし、それも致し方ない。

絶望から逃げていては前進はないから。エホバの証人たちが騙されて活動しているのは明らかなので、災厄を撒き散らしつつも本人たちも被害者。情状酌量の余地はある。聖書にも書いてあるでしょ。

「蒔いた種は刈り取れ」と。エホバの証人として人々を騙した罪は償わねばならない。

幸い日本ではエホバの証人活動が罪に問われることはない。過去のエホバの証人としての罪を清算するにはいい環境。

エホバの証人を辞めて、厳しい現実に叩きのめされるべき。それが人生。エホバの証人を何十年もやっていたというのは崖っぷちの絶望状況だが、人生はそれでも価値がある。家族に詫びを入れ、エホバの証人でない人生をやり直すべき。

だって、そうしないと本当に人生の無駄遣いで終わるよ。ハルマゲドンは来ないし、楽園での永遠のイノチなんて嘘なんだから。

それよりもやっぱり、洗脳解除の瞬間は気持ちいい。すっきりするから。その後のことは後で考えればいい。エホバの証人みたいな生き方をしていても喰いっぱぐれることはないんだから、今の日本なら何してでも生きて行ける。

ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください