エホバの証人の「体質」改善

エホバの証人「体質」とは

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)より。『欠陥翻訳ー新世界訳』の第6章「ものみの塔協会の体質と新世界訳聖書」の末尾部分。

エホバの証人(通称JW)の思考状態について、既に「体質」化していると説明されている。洗脳だとかマインドコントロールと私は書いているが、JW思考は「体質」であるという表現が適切なのかも知れない。

面白い例え話がされている。

現在にキリストが降臨し、ベテルというエホバの証人の本部を訪ねたら。

「私はイエス・キリストです」と言おうものなら、気違いと思われるのがせいぜい

逆に悪魔サタンがJWっぽいスーツを着て、エホバの証人組織上の権威を持ってベテルを訪ねたら、100%受け入れられる。

この理由が、エホバの証人とその組織の体質にある。

現在のものみの塔協会は、真理そのものによって判定するのではなく、組織の権威によって判断するシステムになっている。真理とはすなわち組織なのである。組織の代表者、組織のスタンプ、組織上の特権には 非常に弱い体質

この「体質」問題がいかに根深いか、この資料では繰り返し強調されている。

教義は建前、体質は本音の世界だからである。特定の体質の中で長い間育まれてゆくと、細胞のレベルまでそのパターンがしみついてしまう。変えようとすると、生理的な拒否反応が起きてくるようになる。これは実に強力なもの

体質の改善は難しい。一朝一夕になるものではない。

エホバの証人の洗脳からの覚醒体験

『解毒』~エホバの証人二世の長い戦い

エホバの証人の「体質」改善

エホバの証人の親に、どれだけ子供への体罰が罪だったか、心に害を残したか訴えても通じないのがこれ。「組織も間違いを犯す。今は正されて真理に近づいた」みたいな、ぶっ飛んだ回答が返ってくる。

虐待された心は元に戻らないし、自分が虐待を行ったのは事実なのに。その重大さを何とも思わない。これがエホバの証人「体質」。

エホバの証人組織を批判する声には聞く耳持たず、エホバの証人組織の不条理には盲目というパターン。「体質」問題の恐ろしさは

体質が判断や認識の支配的な基準になってしまうという点にある。そのモードに染まった人には、そのパターンでしかものが見えなくなってしまう

それ以外の見方はみな組織に対する反逆、神に対する不忠節にされてしまう。組織が一つの見方に神の名を付してそれを絶対化すると、他の見方はすべて排撃されてしまう。

輸血拒否がいかに命の軽視かと訴えても、「無輸血の方が術後が軽いとか合併症が少ない」とか意味不明な返し。とりあえず目前の命を確保しろよと。

「血を食べちゃダメよ」と「命は神の賜物(こんな雰囲気の聖句はあるよね)」とどっちが重いのか?自分で考えられない。「組織が~」の一点張りのパターン認識。

JW「体質」を改善するには、外部からの大きな衝撃が必要。天災だとか身近な人の死。一気に目が覚めるが、これには当然痛みも伴う。だったら、毎日のヨーグルト習慣みたいなコツコツの体質改善。このブログ毎日読んでね。

このブログなんかは、JWのパターン認識ではじかれるんだろけれど、こんなブログの作者も、元は生まれながらのエホバの証人二世。皆さんの元お仲間なんですよ。


“エホバの証人の「体質」改善” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください