エホバの証人に「信教の自由」はない

エホバの証人がカルト宗教である理由

私はほとんど生まれながらのエホバの証人二世だった。

エホバの証人とはものみの塔協会を運営主体とするキリスト教系の新興宗教。輸血や兵役を拒否する特殊信条や児童性虐待などが問題になっており、一部の国ではカルト指定されている。

二世とは二世信者のことで、親の一世信者にこのカルトを強制された子供のことを指す。前述の特殊信条以外にも、エホバの証人には制限が多く、他の宗教臭のする行事の類いは一切禁止。

これは子どもには辛い。クリスマスからお正月まで何もかも禁止。クラブ活動などの自由もないので、学校では浮きまくりの変人扱い。

また、近年では時代に流されて変わりつつあるのだが、私の子供の頃は、体罰で子どもに厳しい戒律を押し付ける教育方針がとられていた。大学などの高等教育もエホバの証人の子供には不要とされていた。

問題ありまくりのエホバの証人なのだが、私がこの宗教をカルトだと決めつけている理由は、

自由がないこと。エホバの証人の子供には自由がない。人権を侵害されている。エホバの証人の子供は、「自由に行動を選べない」から。

この行動には、「学校の行事に参加する」から、「教育を受ける、信仰を選ぶ」といった行動まで。

一世信者は、このカルトに自ら逃げ込んだのだが、二世信者の子供は圧倒的不運な星の下に生まれただけ。生まれや美醜、運も才能のうちだと言えば、それまでだが、この不運を挽回するべく、私はものみの塔というカルトと闘う決意をした。

一世信者も思考・情報をものみの塔協会に制限され、洗脳。ものみの塔体質に陥れられることで、自身の自由意志を失っている。マインドコントロールして行動を制限するという意味では一世信者もカルト被害者。

エホバの証人の本質に関する質問、カルトの定義とは

以上をまとめると、エホバの証人には自由がない。大人の信者はマインドコントロールにより自由意志を失い、子供は親の信者に自由を制限される。

ゆえに、エホバの証人はカルト。

カルトに信教の自由はあるのか?

信教の自由、当然これはその団体が反社会的団体でなければということ。

輸血拒否なんてのは命軽視、医療資源の無駄遣い、反社会的行動そのものだろうと思いきや、最高裁の判例でエホバの証人の主張が認められちゃってる。

となると、これは法の下でなく、「この世」に生存して欲しいかどうかという、対人間同士の問題にするしかない。オレは輸血拒否して「復活が~」とかとち狂ってる人がいたら、本人の意志を裏切ってでも、今、「この世」で生きて欲しいと願う。

さて、「信教の自由」。個人の輸血拒否は認められるのだが、「人間の自由」そのものを制限するのは許されない。少なくともエホバの証人二世信者の子供は、確実に自由を制限されている。

よって、ヒトの自由を制限するエホバの証人に「信教の自由」はない。

憲法20条に「信教の自由」が謳われているのだが、第2項に

何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない

とある。あらら?オレ、子供の頃、エホバの証人の集会、大会、布教活動、ありとあらゆるモノへの参加を強制されましたが!?これが既に「信教の自由」を侵害している。


“エホバの証人に「信教の自由」はない” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください