エホバの証人の性欲とマスターベーション

ものみの塔協会の古臭い性に関する教義

ものみの塔協会は結婚していない異性との接触を不道徳と呼び禁止している。例えば、未婚の男女の交際は手を握るくらいまでしか許されない。その際も、完全に結婚を前提としているならばという条件付き。

男女がいきなり2人きりで会うのも許されていない。適切な回数のグループ交際を経てということになる。

ちょっとした、キスをするなどという行為も未婚の男女である場合はとんでもない不貞とされている。2人きりでラブホテルから出てきたりするのを目撃されればエホバの証人社会での未来は真っ暗。

会衆内にふしだらであるという噂を流され、エホバの証人組織から追い出され、村八分となる排斥処分になる。エホバの証人をやめるにはまたとない機会なのだが、エホバの証人一家の場合は家族から下半身のだらしない奴だとレッテルを貼られ本人は傷つく。

ここまで自尊心を損なわれた状態から、一般人として明るい未来を構築するのはなかなかハードルが高い。

エホバの証人は、未婚の女性が男性の車に乗るにしても助手席に乗ったりせず、わざわざ後部座席に乗る。当然、エホバの証人にとって不倫は重罪。エホバの証人夫婦にとって、離婚が許される唯一の要件が配偶者の不貞(死別は除く)。

エホバの証人のセックス初体験

エホバの証人は、結婚するまでセックスに至れない。このため、エホバの証人の2世信者は基本的にお互いに初体験を結婚相手に捧げる。これでは結婚するまでお互いのセックスの相性も解らない。エホバの証人夫婦に離婚率が高いのは、ものみの塔協会の古臭い婚前交渉禁止の教義が影響している。

そもそも若いエホバの証人はセックスがしたくてたまらない。ものみの塔協会はマスターベーションも禁止しているので、エホバの証人2世にとって性欲を(堂々と)発散させる機会は結婚するまでない。

エホバの証人2世にとっての結婚とは単純にセックスの相手、性欲を発散する対象を見つけることである。これで愛情あふれる円満な夫婦生活が送れる訳が無い。

エホバの証人のマスターベーションと性的な問題

エホバの証人の2世信者は、幼い頃から詳しい性教育を受けて育つ。前述の自慰禁止やキスやセックスの結婚までNG、ペッティング(愛撫)もダメ。とひたすら禁止事項を教え込まれる。子供にしてみればペッティングって何だ?状態。

性に関する情報が過剰供給されるため、エホバの証人の子供たちは性に対する充分過ぎる知識がある。ただでさえ年頃になるととんでもない性欲が湧き出すのに、エホバの証人の二世信者には余計に知識が植えつけられている。

よって性欲倍増。これを抑えるのは至難の業。しかも、全ての性欲の発散方法が結婚するまで禁止。マスターベーション禁止の教義を守り抜ける訳もなく、エホバの証人2世は罪の意識に苛まれながら自慰行為を繰り返す。

禁止された自慰行為による罪悪感と快感の狭間でエホバの証人2世の子供は、異性への興味を高めながら成長する。こうしてエホバの証人2世は異常な性欲を抱く大人になる。教団内で起きている児童性虐待の被害がそれを物語っている。

『解毒』~エホバの証人と性に関する問題


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください