エホバの証人の王国会館で児童性虐待が起きる理由

ものみの塔協会が隠蔽する幼児性虐待

JW解約-エホバの証人の真理を検証するで発見したJW解約のための資料を精読中。

 

第三弾「組織とスキャンダル」。幼児性虐待問題が隠蔽されていたスキャンダルについて取り上げている。

まず、幼児性虐待が起きることがナンセンス。あなたが無駄にエホバの証人になったばかりに、自分の子供がどっかのオッサンの性の玩具にされてしまう。そんなことがあって良いはずがない。

つまりは、ものみの塔協会に近づかないに越したことはないということ。

もう一点、激ヤバなのが児童性虐待があったことをものみの塔協会が組織ぐるみで隠蔽しようとしたこと。この隠蔽体質はものみの塔協会に関しては、本件だけでないので私は驚かない。

ものみの塔幹部が内部で起きた児童性虐待という事実を知ったなら、当然隠すように指示する。この団体の体質として当然。

とはいえ、最悪なのは被害者の方。救いを求めて訴えても握り潰される。勇気を出して告発しても、無かったことにされる。挙句の果てに加害者の幼児性愛者の方は組織内で守られ、自身の欲望を充たすべく引き続き幼児性虐待に励んでいるという無情。

エホバの証人が性的に危険な理由は40歳でも童貞だから

小さな子供を持つ親ほど、エホバの証人に近づいちゃダメ。自分の子供が性の玩具にされる。エホバの証人信者は病んでいる。とくに子供の頃からエホバの証人だった二世信者ほど病んでいる。そして、性に関して大きな問題を抱えている。

そんな集団に自分の子供を近づけてはダメ。血に飢えた狼の群れのなかに丸裸の子羊を放り出すようなもの。オモチャにされ、その事実を隠蔽される。果てにはあなたの子供までが性的モンスターに変貌する。

なぜエホバの証人信者が性的問題を抱えているかということは、この資料にも書かれている。

軍隊、僧職者の間でも規律が厳しくて禁欲的な状況では本来の性欲が抑圧され、曲がった形で弱い子供にしわ寄せが行きます。

ものみの塔協会は婚前の性交渉を禁止している。つまりは結婚するまでセックスできないということ。

子供の頃からエホバの証人だった二世信者で、独身であればものみの塔の戒律的には童貞であるはず。それが40歳とかでも。異常。10代~20代の爆発しそうな性欲を抑え込んじゃった。それがねじ曲がって、弱者に向かう。

エホバの証人二世ロボットの思春期セックス問題

性欲を抑えた集団が集まるエホバの証人の王国会館

はたまた子供の頃からエホバの証人だった二世信者は、ものみの塔協会によって不必要な性教育を受けている。ものみの塔協会は婚外の性行為を禁止するだけでなく、人間本来の性行為から逸脱しているとして、肛門・口でのセックス禁止。

放っておいて欲しい問題ではあるが、ものみの塔はこれを放置しない。幼い子供に対しても、アナル・オーラルでのセックスは禁止と教え込む。セックスって何っていう子供に対して、こんな秘中の秘め事を教える必要はないだろう。

エホバの証人二世信者は不要に過剰な性情報を子供の内から供給される。そしてそれが発散される術がないまま大人になる。実はエホバの証人はマスターベーションも禁止。40歳独身エホバの証人二世は生まれてこの方溜まりっ放しということ。

エホバの証人は定職に就かないので結婚もままならない。結婚するまでセックスできないので、独身二世信者の性欲は溜まる一方。それがねじ曲がり弱者である子供に向かう。

いやーエホバの証人の王国会館は変態の集まりですよ。危険危険。

エホバの証人のエロチックな幼児への性教育


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください