エホバの証人の危険な性教育、「あなたは大丈夫でしょ」

エホバの証人の性教育は逆効果

エホバの証人(JW)は布教活動を行ない、一般の人を勧誘する。勧誘された人はエホバの証人の研究生となり、エホバの証人の伝道者にカルトへの道を導かれる。

この研究生と伝道者が異性だった場合は、同性の伝道者へその後の聖書研究という名の洗脳活動が引き継がれる。聖書研究となると家に上がり込んで、長時間2人きりになるのでこれは当然。

エホバの証人2世ともなると性に対する興味は著しく高く、そして極限まで抑圧されている。エホバの証人2世は非常に誘惑に弱い。ある意味では、これはエホバの証人組織としての自衛行為と言える。

エホバの証人2世というのは、親の信仰を押し付けられた宗教2世信者のこと。私は生まれながらのエホバの証人2世信者であることを強制された。

エホバの証人組織は性の欲求を押さえつけると同時に、性的な誘惑の危険性についても繰り返し説いている。あえて触れなければ良いものを、毎週の集会や家庭での聖書研究で性に関する問題に必ず触れる。

エホバの証人の子供は、物心つくかつかないかの頃から週に1度は性に関する話題に接することになる。これが余計に性欲を膨らませる原因。

エホバの証人組織が、性について高頻度で扱わなければならないのは、それだけ性に関する誘惑で、脱会する信者が多いから。ところが、性について問題提起し、露骨に話題にし厳格に禁止していくほど余計に信者の欲望は高まっていく

ものみの塔協会はこの負のループに陥っている。性問題で「つまづいて」脱会するだけなら良いのだが、過剰な性教育は多くの性的モンスターを生み出した。そして、エホバの証人組織は児童性虐待の温床となっている。

組織的な児童性虐待を疑われても仕方がないものみの塔協会

エホバの証人の王国会館で児童性虐待が起きる理由

「あなたは大丈夫でしょ」「お前は大丈夫だろ」

エホバの証人組織は信者の貞節についても、口うるさく指導している。これも欲望に弱い信者への自衛行為。異性の車の助手席に乗るな、密室で2人きりになるなと言われる。

しかし、ほぼそんな心配のない見た目のよろしくない信者や年配の老婆までもがそういったことを遵守しようとしているのは何とも滑稽。私は中学生ながらに、「お前は大丈夫だろ」と心中苦笑すること何度も。

周囲のエホバの証人は、そんな思わずつっこみたくなる事象に対しても真面目に振舞う。異性の信者を見て、心中であの人と間違いを起こすなんてありえないと思うことすらない。

性欲が溜まりまくっているから「あり」なのかは不明だが、結局はそのように貞節を守ろうとしないと、組織内で批判される。何でも物事を一義的にとらえるエホバの証人のつまらなさ。

決して危険にさらされているようには見えない貞節を堅守しようとしているのではなく、ものみの塔協会の決め事を遵守しろという圧力になびいているだけ。自分の頭で考えることが出来ない人々の集まり。

助手席でなくて「あっ、後ろの席に座らなきゃ」って言ってるババアの頭の中の方が、むしろ欲求不満で性的妄想爆発なんじゃないの?

と、はちきれんばかりの不健全な性的欲望で爆発しそうだった中学生の私は思っていたのだった。

(文中、非常に不適切な表現がありますが、1990年代の時代背景を見た世代として、当時の気分のまま記載しております。妄想大爆発中のJW2世中学生の考えていたことなので、ご容赦下さい)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください