JWの新世界訳聖書の2019年改訂版とは

エホバの証人の新世界訳聖書の訳語統一による弊害

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)の『欠陥翻訳ー新世界訳』から。3章『訳語の統一による混乱・矛盾』より。この章では訳語を統一することで生じる弊害を述べている。

日本語の「打つ」に「殴る」以外に「注射を接種」「心を打つ」などの意味があるが、英語の「hit」にはそんな意味はない。逆に「hit」には「魚が釣り針にヒット」の意味がある。日本語の打つに「魚が釣れる」意味はない。

これがギリシャ語、ヘブライ語と広がっていくと意味は無数に。であるのに、後で検索比較しやすいからと訳語を統一するのは安易な発想。具体的に新世界訳聖書内でどんな弊害が起きているかも数例紹介されている。

2019年発行の新世界訳聖書の改訂版とは

ここ数日、ものみの塔協会の新世界訳聖書の欠陥について指摘していたのだが、実は2019年に逐語訳(字義訳)にこだわらない改訂版の新世界訳聖書が刊行されていたらしい。

ものみの塔協会にまだそんな余力があったとは。老朽化して崩れる寸前じゃないの?

ここからは、2019年の改版が逐語訳(字義訳)にこだわっていないという前提で話を進める。私が現物の改訂版を確認した訳ではないので。今さらものみの塔の新世界訳が改定されたからと言って、全部読んだ上で「字義訳でなくなったな、うん」とやる訳にもいかないので。

「また、翻訳の忠実さは、それが字義訳であるという点にも明示されます。それには、英語とヘブライ語およびギリシャ語本文との間にほとんど逐語的とも言うべき対応関係がなければなりません」(「霊感」P.325)

かつて、ものみの塔協会自身がここまでこだわっていた字義訳を捨て去る。柔軟かつ謙遜な組織だと、ものみの塔協会は言いたいのだがろうが、そうは問屋が卸さない。

上記の「霊感」で字義訳サイコーと言っていたのはどの口?神の「霊感」に導かれた人々のお口ですよね。その霊性最高集団のアウトプットが逐語訳(字義訳)。それが40年やそこらで「逐語訳(字義訳)やっぱ皆の言う通りダメじゃね?」と方針転換。

数世紀前に書かれた聖書に対して、ものみの塔協会の翻訳手法は朝令暮改の流行り廃り。そこに神の霊感はない。コロコロ翻訳手法を代えるものみの塔に真理の兆しなし。

私は背教者ではない

“JWの新世界訳聖書の2019年改訂版とは” の続きを読む


JWが欠陥聖書を与えられている理由

新世界訳聖書は手抜きの機械的翻訳

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)より。『欠陥翻訳ー新世界訳』の2章『原典に不忠実、不正確』から。

各語の意味を決定するのはあくまでも、その語の字義ではなく文章全体の意味である。まず先に単語があってそれから文章がというのではない。先に言いたいことがあり、それから単語が選ばれてくるというのが通常の順序

この順序を取り違えているから、ものみの塔協会の新世界訳聖書は欠陥品になってしまった。しかもこの単語の選び方にも問題がある。

単語の訳語を統一しているから、聖句間の参照や比較対照しやすいというのがものみの塔協会の主張。しかし、それは全体の主旨を無視して訳語の統一にこだわるという機械的翻訳がされたことを指す。

昨日も書いたが、まさに「木を見て森を見ず」godであればエホバのような機械的な翻訳、”A”ならば”い”、”B”ならば”ろ”という、いわば思考を怠った手抜き翻訳。その結果が「欠陥聖書」新世界訳聖書の誕生。

訳語の統一の問題については本資料の3章でもさらに指摘されている。2章では「木を見て森を見ず」の弊害、原典に不忠実になった部分が羅列されている。

理解不能な文脈の新世界訳聖書

“JWが欠陥聖書を与えられている理由” の続きを読む


JWの新世界訳聖書の字義訳とは?

新世界訳聖書の字義訳とは何か?

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)より。『欠陥翻訳ー新世界訳』よりものみの塔協会が宣伝しまくっている新世界訳聖書の『字義訳』について。

本資料によると、字義訳というのは逐語訳と同じ、直訳に近い。ならば逐語訳と言えば良いものを。あえて字義訳という訳の分からない言葉を使って目くらまししている。後ろめたい部分があるのか。もしくは、ものみの塔協会だけが真理の経路であるという特別感を演出しているのか。

字義訳新世界訳とは、一語一語、逐語訳した聖書

というほどではなくとも、全体としては直訳ふうに訳出した逐語訳聖書

逐語訳(字義訳)に相対するのは意訳、ものみの塔協会には

字義訳は正確、意訳は不正確というとらえ方

がある。しかし、本来の意訳は

原文の一字一句にこだわらず、全体の意味を取って訳すこと

とある。ものみの塔協会の新世界訳は意訳を否定し、一字一句の意味にこだわる逐語訳を採った。結果、全体の意味を損なった。この状態で新世界訳聖書に神の霊感が乗ってくるのはありえない。ただの訳語対比表。

文章として全体が伝わらないのなら、辞典と同じ。聖書の単語をひたすら順番に並べて、翻訳したのと同じ。

細部にこだわるあまり文脈やバランス、真意を失っている。つまり、ものみの塔協会の新世界訳聖書は「木を見て森を見ず」の典型。一つひとつの単語単語に気を引かれ、全体の意味を見失った。

しかも、「主」であるとか「神」の部分を勝手に「エホバ」に翻訳している暴挙。この部分に至っては逐語訳でなくお得意の「すり替え」発動。この「すり替え」については本資料では寛容で、諸翻訳も同じようなものであるとしている。

どういうふうに訳すかはその訳者や翻訳委員会の信条によって変わってくる

三位一体派の翻訳者であれば、できるだけ、神とキリストをごちゃ混ぜに訳したがるし、聖霊に人格を与えた翻訳をする。逆に、エホバの証人のように三位一体否定派であれば、神とキリストを明確に区別するために「エホバ」と勝手に命名するし、聖霊はあくまでパワーであるかのように訳す。

理想の翻訳とは?

“JWの新世界訳聖書の字義訳とは?” の続きを読む


新世界訳聖書はカルトの魔窟に堕ちる手引き書

JWの新世界訳聖書は字義訳

『欠陥翻訳ー新世界訳』より。聖書知識が豊富かつ研究熱心な方の執筆した資料がネットで簡単に閲覧できることに感謝。資料は下記にて読める。

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

きっちり調べ尽くしたであろう本資料の存在はありがたい。特に、私みたいに「ものみの塔嫌い」ゆえに聖書も嫌いになりつつある人、勉強するなら他分野に時間を割きたい人には。

また、根が不真面目で、「エホバの証人はダサいから嫌い」で、二世信者をやめた立場からすると、エホバの証人否定立場になってなお真面目に聖書を調べるという真摯さに感銘を受ける。頭が下がります。

さて、序文より。ものみの塔聖書冊子協会の

新世界訳聖書というのは字義訳聖書である。この字義訳という翻訳方針は新世界訳の看板になっている。もちろん字義訳にもそれなりの利点があると思うが、「過ぎたるは及ばざるよりも劣れり」で、字義優先に走りすぎると深刻な問題が生じてくる

「字義訳」とインターネットで検索すると、今回紹介しているSTOPOVERサイトかJW.ORGのサイトが上位に出てくる。要は「字義訳」スバラシーって言っているのはものみの塔だけってこと。

誰も目にも留めないというか、空気のように軽い「字義訳」を謳って喜んでいるのはものみの塔協会だけ。私も「字義訳」の意味がよく分からないので、この詳細は本資料の1章『字義訳―新世界訳聖書』を紹介する際に検討したい。

字義訳っていったいなんだろうか?言葉の意味のままに訳すということ?それならば新約聖書で、『神』に該当する部分を『エホバ』にすり替えているのはどういうこと?疑問だらけ。

新世界訳聖書はカルトの魔窟に堕ちる手引き書

“新世界訳聖書はカルトの魔窟に堕ちる手引き書” の続きを読む


ものみの塔協会の日本語翻訳者は無能

エホバの証人の使用している新世界訳聖書とは

以前に紹介した北海道の北広島で起きたエホバの証人の集団排斥事件の資料。同作者団体が執筆している他の資料より。

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

今回は『欠陥翻訳ー新世界訳』の序文から。

新世界訳聖書が欠陥品であると証明するために、まずは新世界訳聖書とは何か。カルト団体の使っている悪書なのだが、それは私の意見なので客観的な視点を『欠陥翻訳ー新世界訳』より借りる。

新世界訳聖書の日本語版は1982年夏の大会で発表。(大会というのはエホバの証人の大規模な集まりのこと。この大会では新しい悪書の発表が行われ、洗脳信者が喜ぶという忌まわしき集まり。)()内個人的意見

新世界訳聖書翻訳委員会が原語から英語へ翻訳、

アメリカ、ペンシルバニア州ものみの塔聖書冊子協会のもとに働く、日本人の有能な翻訳者たち

が日本語へ翻訳した。

上記の「有能な~」のくだりは新世界訳聖書の日本語版前置きに載っている。ここで違和感を覚えないから、エホバの証人たちはカルトに騙されちゃうわけ。わが家もその騙され最たる者なんだけど。

ものみの塔協会の日本語翻訳者が無能な理由

“ものみの塔協会の日本語翻訳者は無能” の続きを読む


エホバの証人をやめると健康になれる話

人生を切り開く生き方とは

旅先で体調を崩した話の続き。体調を崩す直前にとある大きな寺院に参拝していた。参拝というか、私は古い建物を見るのが好きなので、ほぼ観光。

その後、ホテルで発熱して天井がグルグル回っているときに、ふと思う。

「この熱の原因は、最後の賽銭箱に100円入れるのケチったからか?バチが当たった?目の前にありがたそうな像がご鎮座していたしな・・・物珍し気に眺めて、帰ってきただけなのが不味かったか・・・」

体調が悪いと、血迷った発想をしがち。

「待てよ。待てよ。他の賽銭箱には大概100円ずつ入れたし、都度、ここに来られたことのお礼を述べてきた。充分だろ。待て待て、最初に拝観料800円払ってんじゃんかよ」

こいつは関係ないな。ご利益あれど神罰あってたまるもんかと。

翌日、医者に行くと、原因は数日前に食べた鳥刺しが濃厚と言われる。

やはり病気には宗教より医学。

人生においては、霊的なものより物質的な課題を考えるのが先。目の前の物質的な課題を淡々とこなした上で、神仏にすがるのが人間の筋。「困った時の神頼み」でなく「人事を尽くして天命を待つ」が人生を切り開く生き方。

エホバの証人をやめて健康になったと病人が言う

“エホバの証人をやめると健康になれる話” の続きを読む


神さまに祈るのは最後の最後の後回しに

架空の神エホバに祈るのは残念無念

数日前、体調不良で倒れる。遠方に出張中のため、ホテル滞在中のこと。発熱もあり、コロナの疑いもあったためホテルの部屋に軟禁。ひどい嘔吐と下痢で脱水症状気味になる。胸の動悸が激しく、息も十分に出来ず、このまま

「死ぬんじゃないか」と頭をよぎる。恐らく大げさなのだが、こんなものは体感で個人差があり、私は普段ほとんど病気をしないので、ちょっとしたことでも大げさに感じてしまう。

天井がグルグル回って見えるし、息も出来ているのか出来ていないのか、頭が異常に痛いし、意識も不鮮明に。過去の現象が織り交ざって幻のように目の前をよぎる。これが走馬燈か!?(軽く夢を見ていただけかと)

いよいよヤバいなと思ったときにやっちゃいそうになったのが、

祈り。

「いやいや、誰に祈るんだよ」と冷静になる。

エホバの証人をやめて30年弱、やめた当初の頃はものみの塔洗脳下にあったこともあり、うっかり

「天におられますエホバよ・・・助けて下さい」ってやっちゃったことあったけど。もう今は無いよね。あってはいけない。ありえない。こんだけ普段、批判ブログ書いておいて、死に際に祈るとかあり得ない。筋が通っていない。

うっかりエホバに祈っちゃうなんて残念無念、抜群に悔いが残るので

「死んでもエホバには祈らない。そもそも祈るくらいならエホバを呪って死んでやる。しかし、呪うと存在を認めたことになるので、正解は積極的姿勢で無視。エホバなんていう架空の存在とは全く関係のない所で死んでやる」

と苦しい体ながら、再決意。

エホバの証人の王国会館に病気の人が多い理由

エホバの証人の王国会館に流行る病

神様は最後の最後の後回し

“神さまに祈るのは最後の最後の後回しに” の続きを読む


勘違いの延長線上に位置するエホバの証人

プロテスタントの誕生は大いなる勘違い

インターネットでダウンロード可能なJW(エホバの証人)解約資料の最終章「聖書の起源」より。JW解約-エホバの証人の真理を検証する

『外典の位置づけ』の項目より。

ユダヤ教はエジプトの宗教に対して背教した結果生まれて、原始キリスト教はユダヤ教に対して背教して生まれ、現在のキリスト教はグノーシス原始キリスト教が腐敗した結果生まれた。新しい宗教(カルト)の興りを『進展』と見るか『背教』と見るかは誰の立ち位置かによる

この中で新しい宗教に位置するエホバの証人は背教したまがい物。唯一の真理であろうはずがない。これは誰の立ち位置から見ても同じ。というのが私の見解。エホバの証人の誕生を『進展』、新しい光と見るのはエホバの証人だけだろう。

『宗教は形を変えて継承されていく』の項目より

16世紀にマーティン・ルターはバチカンが創作した聖書を真のキリスト教であると勘違いし、原理主義の宗教革命を起こす。

バチカンが創った神話をもとにして、バチカンが汚した教えを取り除こうという考えは人類最大の矛盾

勘違いの延長線上で存在そのものが矛盾しているのがものみの塔協会。キリスト教原理主義者が米国に渡り、その末裔からエホバの証人という新興宗教が生まれた。

キリスト教原理主義者の信じる原理が勘違いという皮肉。新旧キリスト教間の論争という、人類最大の茶番のおまけ程度に存在しているのがエホバの証人。

勘違いで空回りしているだけなら無害。勘違いでも人々の希望になるのならそれも良い。ところがエホバの証人は、信者の生活の端々に侵食し精神や肉体、経済状況を脅かす有害なカルト。矛盾と一緒に消え去ってもらいたい。

エホバの証人には聖書知識の再インストールが必要

カルトの見極め方と防御方法

勘違いの延長がカルトでなければ問題ない

“勘違いの延長線上に位置するエホバの証人” の続きを読む


キリスト教は古代宗教からの派生である

偉い本だと誤解されている聖書

ネットでダウンロードできるJW(エホバの証人)解約のための資料の最終章「聖書の起源」より。JW解約-エホバの証人の真理を検証する

冒頭のあいさつの部分で、聖書とは何なのか端的にまとめられている。

一言でいうと、聖書はその時代の霊能者が書いたスピリチャル本を断片的に集めたもの

それをその時の指導者(ユダヤ人であれ、ローマ帝国であれ)が政治的に自分たちの優越感を助長するために脚色・編集しなおしたもの

だから純粋に人の心を打つ言葉もあれば、政治的な意図をもって歪められた教えも混ざって

いる。ただ聖書が

分厚かったからゆえにちょっと偉い本だと勘違いされているだけ

聖書という名前が仰々しいだけで、普通の一般の本と何ら変わらない。きちんと裏側を読まないと聖書に騙される。もしくは聖書を使った数多のカルトに騙される。最も成功したカルトがエホバの証人。

キリスト教が古代宗教からの派生である

“キリスト教は古代宗教からの派生である” の続きを読む


エホバと聖書を完全清算する

JW解約のための資料最終章

インターネットでダウンロードできるJW(エホバの証人)解約資料第9弾「聖書の起源」。これがシリーズ最終章。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

第9弾まであることに作者の執念を感じる。ありがたく使用し、エホバの証人の解約者を増やしたい。この最終章が一番長く79ページもあるpdf資料。JW出版物以外の画像が満載で良く集められた資料。見どころが多い。

エホバの証人が異端とする他の宗教が、いかに聖書に影響を与えているか提示されている。ただちにJW解約につながる資料かと言うとそうとも言えない。異教とされる写真が連打なので、洗脳真っただ中のエホバの証人にキツイ資料だし、恐らく避けられて終わり。頭に入ることなく「全てサタンの嘘」と切られて終わる。

洗脳解除→脱会のステップを踏んだ後でまだ迷う人のための資料。ものみの塔はニセモノだが、聖書やキリスト教の正統は何かと迷う人。そんな人が聖書と距離を置くきっかけになる資料。

自身が洗脳状態にあるものみの塔協会

ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと

聖書を完全清算する

“エホバと聖書を完全清算する” の続きを読む