カルト信者の親が子供に迫る二択、いずれの行き先も悲劇

子供を間違いなく不幸にするカルト親

『カルトの花嫁』第3~4章。

親孝行とは、親の期待に応えて生きるのではなく、自分自身が幸せになることであって、その結果それが親孝行に繋がる

カルト信者の親はこうは考えない。期待を目一杯かけてくる。その期待はカルトの価値観や基準に沿ったもの。

昨日の記事でも書いた通り、カルト的生き方をすれば不幸になる。それは水が低きに流れるがごとくの方程式。ゆえにカルト信者の親は子供を不幸にする。

私はそんな親を持ったからこそ、わが子には自分の望む生き方をして幸せになって欲しいと思う。私の考え方や思想を押し付けないように、子供には自分の頭で取捨選択できる人間になって欲しいと願う。

カルト信者二世が迫られる二択

“カルト信者の親が子供に迫る二択、いずれの行き先も悲劇” の続きを読む


カルト信者の不幸の方程式、エホバや文鮮明より野良ネコの方がマシ

カルト信者の不幸の方程式

『カルトの花嫁』第2章。遂に合同結婚式へ。

洗脳とは物事の冷静な判断をできなくさせる、本当に恐ろしい行為です。自らの生涯の伴侶の選択を、いとも簡単に他人の手に委ねてしまったのですから

カルト信者は皆同じで、大小さまざまな意思決定を他人の手に委ねている。しかも善意の他人でなく悪意の塊であるカルトに委ねているので、人生がうまくいくはずがない。

カルトが悪意の塊である理由。それは、世界平和とか家庭の幸福というキレイ系の言葉でカモフラージュしつつ、全能の神の宇宙主権とかメシアの再臨とかしょうもないことを掲げ信者を不幸にすること。

信者が不幸なのは明らか。高額献金させられたり、輸血拒否させられて死んだり、適当にマッチングされた韓国の乞食と結婚させられたり。誰が見ても客観的に不幸。

カルト信者が不幸になるのは、至極単純な方程式。であるのに、なぜカルトがのさばっているのか。そこには単純ではない理由があったのだろうが、今から改めればいい。カルトの存在しない時代に。

『カルトの花嫁』、人はパンだけで充分に生きていける

エホバや文鮮明より野良ネコの方がマシ

“カルト信者の不幸の方程式、エホバや文鮮明より野良ネコの方がマシ” の続きを読む


ものみの塔が完全悪である最大の理由は、騙しの教義

ものみの塔が完全悪である最大の理由

ものみの塔は完全悪。これが私の信念。世界に存在してはならないモノ。輸血拒否とか児童性虐待に児童虐待、人権侵害、このカルトを許せない原因はいろいろあるのだけど、ものみの塔が完全悪である最大の理由。それは

信者を騙していること。これに尽きる。詐欺って罪でしょ。それだけで存在を許してはならないんだよ。なおかつ騙した上で献身とか言って人生を捧げさせるんだから。絶対に見逃せない。

騙しの海にプカプカ浮かんで、脳みそ溶かして気持ち良くなっているエホバの証人。彼らは彼らなりに疑似多幸感を味わっているから放っておいた方が良い?それはダメだよ。

なぜなら、麻薬中毒者がラリって「気持ちいいっ♪」ってなってるのを放っておくのと同じだから。本人のためにもならないし、麻薬中毒者は社会に害をもたらす。

エホバの証人も同じ。本人が死ぬまで疑似多幸感を味わっていたって、それは偽物だし周りに被害を広める。社会に悪影響を及ぼす。

エホバの証人(JW)の専売特許、エホバ商法とは?

エホバの証人は何もかもを騙されているのだが・・・

“ものみの塔が完全悪である最大の理由は、騙しの教義” の続きを読む


ものみの塔を糾弾すべき理由、エホバの証人を見過ごせない理由

ものみの塔を糾弾すべき理由

昨日の記事で、エホバの証人脱会者は皆が口を閉ざすと書いた。私も一般生活ではエホバの証人二世という出自を明らかにしていない。バレたらバレたで良いのだが、決して自慢できる話ではないので黙っている。

エホバの証人を円満に辞めたという人は存在しない。このカルトからは、円満卒業という形での脱会はあり得ない。辞めるときに相当な軋轢を生むからだ。それがカルト。

エホバの証人を辞めた人でエホバの証人組織、宗教としてのエホバの証人に好意的な印象を持っている人は、まだものみの塔のマインドコントロール下にある。それは本質的な意味で辞めたとは言えない。

本質的にエホバの証人を辞めることができた人で、エホバの証人組織に好感を持っている人はいない。何らかの疑念や不満、違和感をもれなく抱いている。「エホバの証人がよくないものである」という認識は多かれ少なかれ持っている。

であるならば、やはりエホバの証人を糾弾すべき。「よくないもの」なのだから。

やっとこさサバイバルして今も傷が癒えない人だらけだろうし、他人がどうしようが私が口出しすることではない。よって、他のサバイバーがどうしようが私には関係ない。だから、次の言葉は私自身への叱咤として。

良くないカルトに取り込まれている哀れで愚かな者を放っておくというのは、その邪悪空間からの生還者としていかなるものか。

だから、私は、恨み、怒りといった負のエネルギーを義憤に昇華させて、ものみの塔と戦いたい。

“ものみの塔を糾弾すべき理由、エホバの証人を見過ごせない理由” の続きを読む


エホバの証人を許せない理由、多くのエホバの証人脱会者が口を閉ざす理由

エホバの証人を許せない理由

ちと最近忙しくて、うっかりするとエホバの証人のことなんかコロッと忘れて1日を送っていることがある。このブログは毎日更新が(自分に課した)ルールなのだが、こんな日には書くことがない。

数年前、忙しさにかまけて毎日更新が滞り、そのままブログ仮死状態になった。今回はそんなことがないよう何とか絞り出してでも書くしかない。継続こそが読者様、自分自身、八百万の神々に向けての熱量の証し。

その熱こそ「ものみの塔を崩壊させる」という私の悲願。

私がエホバの証人のことをスカッと忘れてしまえるのは、現状このカルトの被害を一切被っていないから。周囲に目障りなエホバの証人は皆無だし、生活も何とか安定している。

生活は一時、非常に不安定だったのだが、それをエホバの証人という出自のせいにするのは無理があるほど私が好き勝手に生きていたから。それはそれで満足だったし後悔もない。自己責任とわきまえているが、違う人生があればあんな自暴自棄生活はしたくない。

現在の自身と自身の家族の安寧を考えるなら、小汚いカルトのことなどきれいさっぱり忘れて生きていくのが身のため。そして、健全かつ安全。

とはいえ、それだと悔しすぎる。

エホバの証人のせいで失った両親との家族関係、完膚なきまでに損なわれた両親の人生。私自身の人生にもエホバの証人二世として14年間もの時を過ごしたという汚点を残された。

ゆえに私は何が何でもエホバの証人を許せない。そして、エホバの証人やものみの塔が大っ嫌い。完全に私怨ではあるが、見逃すわけにはいかない。

エホバの証人(JW)の専売特許、エホバ商法とは?

エホバの証人脱会者が口を閉ざす理由

“エホバの証人を許せない理由、多くのエホバの証人脱会者が口を閉ざす理由” の続きを読む


全裸人間の悩み、エホバの証人の完全人間設定が甘々な理由

喰うな、喰え、喰うな、喰えの狭間で全裸で揺れる男

昨日の記事で、人の弱みやコンプレックスにつけこむエホバ商法について書いた。そのひとつが「何か悩みは無いですか?」と始めて「その悩み全部解決できます」と言っちゃう商法。

起こりもしないハルマゲドン後に、完全人間に生まれ変わればお悩み全消滅。これがエホバの証人の無茶苦茶な脳内お花畑理論。

エホバの証人の完全人間設定には矛盾がある。完全人間には悩みがない、というのが短絡で、人間が二人以上いれば必ず悩みが生じる。

最初の人間アダムとイブだって完全だった。素っ裸だったけど・・・。全裸人間たちは完全だった訳で、でも蛇に快楽の実を勧められて「ヤッホーい」となった女の方が男に果実を勧める。

この段階では、まだ男の方は喰ってないから完全だよね。全裸だけど。

この時すでに男にはジレンマが発生している。神には「喰うな」と言われた善悪の知識の木の実、女は「喰え」と囁いてくる。

喰うな、喰え、喰うな、喰えの狭間で、男は揺れている。悩んでいる。全裸で。

たった一人の伴侶に嫌われるのもサムイし、女だけ喰って覚醒されても困るというか羨ましいというか。女がひとりで神にシバかれるのも可哀そうだし・・・と。

悩んでいるんだって。全裸人間。じゃなくて完全人間。

だから、完全人間になったって悩みは無くならないさ。

英雄的アダム、自由意志を放棄または没収されるエホバの証人

人間は程度に快楽をむさぼり、服を着るように出来ている

“全裸人間の悩み、エホバの証人の完全人間設定が甘々な理由” の続きを読む


エホバの証人(JW)の専売特許、エホバ商法とは?

エホバ商法とは?

『カルトの花嫁』第1章「カルトにはまる」より。

脚注部分に統一教会が大々的にやっていた霊感商法について説明がある。

相手の弱みを聞き出し、「先祖が苦しんでいる」「悪霊がついている」「買えば運が開ける」などと不安を煽り、印鑑や壺などを売りつける商法

霊感商法は統一教会の専売特許ではない

その通りで、エホバの証人も似たようなことをやっている。

相手の弱みにつけこみ、「死んだ人と再会できる」「悪霊がついている」「不自由な身体が治る」「永遠の命が得られる」などと不安と期待感を煽り、何もかもを差し出させる商法

これをエホバ商法と呼びたい。

エホバ商法は霊感商法の一種で、エホバの証人の専売特許である。

『カルトの花嫁』、人はパンだけで充分に生きていける

人の弱みやコンプレックスにつけこむエホバ商法

“エホバの証人(JW)の専売特許、エホバ商法とは?” の続きを読む


『カルトの花嫁』、人はパンだけで充分に生きていける

カルトが道徳を語るな

『カルトの花嫁』を読み始める。統一教会の話。本ブログの主旨というか宗旨というか、骨子からハズれるのだが、似たモノカルトということで。

私もエホバの証人の二世だったが、結婚相手まで斡旋されて合同結婚式なんてのはエホバの証人の場合はないかと思うも、いやいやそうでもない。

私は14才で脱会したから、ことなきを得たがエホバの証人はエホバの証人としか結婚が認められない。しょせんは似たモノカルト。

エホバの証人も統一教会と似ていて、純潔だとか不道徳NGという主張のもと、若いうちの恋愛や婚前交渉が大禁止。婚前交渉っていう言葉がエホバの証人っぽくて嫌なんだが、他に何と言えばいいのか・・・

このカルト信者たちは、自分たちが純潔で道徳的に守られているのが素晴らしいとか思っている。

いやいや、カルトが何言ってんの?カルトの存在自体が不道徳だから。

年頃になれば、手をつないだりキスしたりなんてのは普通だから。そこに目くじら立てるのが既に不道徳。意識しすぎなんだって。

そして、輸血禁止したり、献身させたりっていう教義はとてもとても不道徳。

私が偽神エホバの存在を信じた理由、地球が丸いのと同じ

人はパンだけで生きていける

“『カルトの花嫁』、人はパンだけで充分に生きていける” の続きを読む


エホバの証人の王国会館は人間動物園、自由を放棄し縛られている人間は醜悪

エホバの証人の暫定真理は真理じゃない

昨日の記事の続き。小学生の私はエホバという偽神の存在を信じ切っていた。エホバの証人の王国会館が低俗な人間の集まりで、教義もハリボテ感があると、この時には思い始めていた。

しかし、この点に対してものみの塔協会は先手を打って牽制している。「人間は愚かで不完全だ」と繰り返し教えられる。

エホバの証人の王国会館に集まる人々が特別愚かなだけだったのだが、私はそんなモノかと一応は納得していた。

また、教義がツギハギでインチキ臭い点も、「不完全な人間が神との経路になっているので時には間違う」と、ものみの塔は保険をかけていた。この点もならば仕方がないかと、私は深く考えずに納得していた。

それくらいに、エホバ、ハルマゲドンというのは私にとっては重力や空気のように当然の存在で、疑うということが出来なかった。

とはいえ、もうちょっとだけ突っ込んで考えるとイカサマなのは明らか。

エホバの証人の教義は自称真理なのだが、これが既に矛盾。不完全な人間が経路になっている、間違うことのある教義が真理というのはおかしい。明らかな矛盾。暫定真理は決して真理じゃない。

エホバの証人は輸血拒否に命を賭けているけど、それだって間違っている可能性がある。(大間違いなのだが・・・)

それなのに、エホバの証人が暫定真理に異を唱えると徹底的に粛清される。暫定真理なんだから別にいいじゃん。議論の余地ありだろ。

エホバの証人の周りには何重もの曇りガラスが・・・

“エホバの証人の王国会館は人間動物園、自由を放棄し縛られている人間は醜悪” の続きを読む


私が偽神エホバの存在を信じた理由、地球が丸いのと同じ

なぜエホバの存在を信じてしまったのか?

昨日の記事でエホバの証人の神エホバは存在しないと書いた。しかし、エホバの証人一人一人がエホバの存在を信じているか否かは別問題。

アナタハ神を信じますか?

正直な話、私はエホバの存在を信じていた。バカバカして話なのだが、私はガチでこの偽神の存在を信じ切っていた。

だから、いつか裁きの日ハルマゲドンが来る。エホバの証人的悪事を働けば、エホバにキッチリ監視されていて、ハルマゲドン生還の減点ポイントになると信じていた。

危険な目に遭えば、思わずエホバに祈っていたし、やはり悪事を働くときにはエホバに対して罪悪感があった。

ものみの塔のエホバ設定はずさんで、この神が存在しないのは明らか。であるのに、私はなぜエホバの存在を信じ込むに至ったのか?

エホバの証人(JW)の神、エホバが存在しない理由

“私が偽神エホバの存在を信じた理由、地球が丸いのと同じ” の続きを読む