JWの新世界訳聖書は冒涜改ざん聖書

JWの新世界訳聖書は冒涜改ざん聖書

真理真氏作成のJW(エホバの証人)解約資料の第8弾「自分の妻がJWと研究を始めてしまった時の対策」より。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

エホバの証人の洗脳を解除する4つの質問に昨日までの記事で本資料より3つ補足した。

  1. エホバの証人が伝道して回ることで、ハルマゲドンで死ぬ人が増えるという矛盾。まさに「不幸の伝道者」であるエホバの証人
  2. 終わりの日の「しるし」が一切成就していない。この世の事物の体制の終わりが来る前に人生の終わりが来ちゃうエホバの証人
  3. エホバの証人が売春婦と貶めるバチカンが編纂した聖書を使用している件。エホバの証人が使用している聖書の疑義
    今日は4つめ
  4. ギリシャ語にエホバという言葉が存在しない

以前にも聖書に「エホバ」は出てこないという記事で指摘した件。

新約聖書の原本にギリシャ語でエホバというものは存在しない(YHWHはユダヤ人の宗教だったから)。組織の出版物でもテトラグラマトンYHWHの根拠は全てヘブライ語。つまりJWが無断で解釈に応じて聖書の言葉をさしかえている

ヘブライ語聖書=旧約聖書にはテトラグラマトンYHWHが出てくる。テトラグラマトンYHWHが神の名であると考えられている。これをエホバと呼ませたのが自称「エホバの証人」の根拠。

ギリシャ語聖書=新約聖書には「YHWH」や「エホバ」という神の名が一切登場しない。ギリシャ語聖書の神は名無しの神ということ。名を呼ぶのも畏れ多いからとも言える。

ものみの塔協会は僭越にも、ギリシャ語聖書の神の部分を全て「エホバ」に書き換えた。自分たちの教理の筋を通すため。まさに神の名の冒涜。その冒涜改ざん聖書がエホバの証人の新世界訳聖書。

ものみの塔協会は神の名を語るニセモノ

“JWの新世界訳聖書は冒涜改ざん聖書” の続きを読む


エホバの証人が使用している聖書の疑義

年老いたエホバの証人にも戻って欲しい

真理真氏作成のエホバの証人(JW)解約資料の第8弾より。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

『自分の妻がJWと研究を始めてしまった時の対策』から。エホバの証人解約のための究極の質問への補足。今日で3日目、3つめの補足。明日で4つめの補足があるので、究極の質問4つに4つの補足。

究極と言いつつ、抜け漏れが4つもあったのだが、それだけエホバの証人の教理がつぎはぎだらけのハリボテだということ。

それなのに何故エホバの証人を続けている人が未だいるのか不思議でならない。エホバの証人は超高齢化していて、お先真っ暗なのは良い。若い人や二世信者が大量に被害を被っていないのは喜ばしい。

であるが、洗脳直下の老人たち、彼らがこっち側に戻ることはもう出来ないのだろうか。エホバの証人でない側、エホバの証人をやめた側。真っ当な側に。

たとえ残り少ない余生であっても、本来の人生をものみの塔から取り戻すことは出来ないのか。人生の大半をものみの塔に搾取され、最後まで騙されて人生を終える。そんな不毛で悲しいことがあっていいのだろうか。

死ぬ直前、家族に「エホバの証人をやっていて申し訳なかった」、「宗教をやったおかげで迷惑をかけてすまないと思っている」と詫びることは出来ないだろうか。果たして家族に恨まれ憎まれ死んでいく人生で良いのか。

後悔だらけ、無念だらけの最期になるだろうが、それが人生。完全洗脳の脳内お花畑状態で死んでいく方が人として不幸。人間らしく苦悩して死ね。

聖書を編纂したのはエホバの証人の言うところの売春婦

“エホバの証人が使用している聖書の疑義” の続きを読む


この世の事物の体制の終わりが来る前に人生の終わりが来ちゃうエホバの証人

「今」は終わりの日ではない

真理真氏作成のJW(エホバの証人)解約資料第8弾『自分の妻がJWと研究を始めてしまった時の対策』より。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

JW解約のための究極の質問集に関する補足。現役信者や堕ちかけの人には、教義の矛盾を指摘することでエホバの証人をやめる決断をさせたい。

エホバの証人の主張する「この世の終わり」は近くないことを指摘する。現在は終わりの日ではないということを理解させる。エホバの証人の教理では、1914年にキリストが天で即位。この世は終わりの日に突入。世界が滅ぼされるハルマゲドンが近いという設定になっている。

エホバの証人は発足以来、「今」がこの世の終わりの日だと主張してきた。終末ビジネスの典型。人類史数千年のなかで、たまたま今が終わりの日だなんて都合の良い偶然はない。

誰もが自分や自分の周囲、自分の生きている時代は特別だと考えがちだがそんなことはあり得ない。あなたにとってあなたの人生は特別でかけがえのないものだが、それは自分自身にとってだけ。普遍的なものではない。

当然、エホバの証人の主張する終末など来ていないし、今後も来ようがない。エホバの証人は発足以来150年、終末が間近だと言い続けている。終末の前に寿命が来た信者が多数。

このまま数世紀もの間、「終末間近~」と言い続ければ、やがて成就するのかも知れないが、その前にエホバの証人組織そのものが崩壊するだろう。いや、あと5年で半減、その後5年で組織崩壊に追い込みたい。

エホバの証人は、終末を延長、延長しての150年、預言をハズし続けた。この事実だけでも現在がエホバの証人の主張するような終わりの日などではないことは明らか。この資料ではさらに現在が終わりの日ではない根拠を挙げている。

終わりの日のしるしは成就していない

“この世の事物の体制の終わりが来る前に人生の終わりが来ちゃうエホバの証人” の続きを読む


まさに「不幸の伝道者」であるエホバの証人

エホバの証人解約のための究極の質問

ネットでダウンロードできるJW(エホバの証人)解約資料の第8弾『自分の妻が JW と研究を始めてしまった時の対策』より。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

この資料にもJW解約のための議論の方法がまとめられている。

資料第7弾でも「究極の質問」集が掲載されていて、十分まとまっていた。本資料から抜け漏れを補足。効果的なのはストーリーになっている第7弾の「究極の質問」だと思われるので、今回のは補足。

まずは一つ目

真理を知らなくても不義の復活でどっちみち復活できる

エホバの証人の活動そのものが抱える矛盾を指摘する。

エホバの証人が信者を増やしたい理由とは?

“まさに「不幸の伝道者」であるエホバの証人” の続きを読む


エホバの証人は麻薬中毒患者と同じ

JWは麻薬中毒患者と同じ

インターネットでダウンロードできるJW解約資料の第8弾。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

『自分の妻がJWと研究を始めてしまった時の対策』より。昨日の記事で妻がJWに堕ちるのには原因があると書いた。この資料はもっと過激な表現で家族のJW堕ちを表現している。

自分の妻は麻薬患者だと思って扱うべし。彼女に勉強を教えにくる人は売人である

カルト=麻薬。中毒性があり、人生を圧倒的に損なわせるもの。一旦は心の隙間を埋められる気がするが、根本的な解決には一切ならないばかりか、問題の傷口をえぐりさらに深くする。最後には、「JW」中毒そのものが最大の問題として立ちはだかる。

エホバの証人の伝道者は麻薬の売人。つまりはプロ。相手の土俵で議論するなとこの資料では助言されている。妻を救おうと長老の家に殴りこむなんてのは論外。相手はその手のトラブルに慣れている。

教義の枝葉の議論もNG。教義の議論は根幹から切る。肝心の根幹はエホバの証人の洗脳を解除する4つの質問

また、妻の顔色を見て、エホバの証人の集会への出席を許したり、自分がエホバの証人と研究したりするのはもっての他とも。麻薬の使用を許可しているようなものだから。もしくは自分も一緒にやっているのと同じ。

エホバの証人をやめさせるときに感情論は避ける

“エホバの証人は麻薬中毒患者と同じ” の続きを読む


妻がJWに堕ちるのには原因がある

優れたJW(エホバの証人)解約資料

ネットでダウンロードできるエホバの証人解約資料第8弾。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

『自分の妻がJWと研究を始めてしまった時の対策』

配偶者がJWの魔の手に落ちかけているという最悪な状況を想定して書かれた資料。この資料は文字だけなのだが、コンパクトにJW堕ち寸前の配偶者との議論の仕方がまとめられている。

エホバの証人は、家族の中で妻・母といった女性から勧誘されていくケースが多い。そのため、本資料では解約の相手として妻が想定されているが、家族、親族、友人、誰にでも適用できる内容。

的を射た資料なので、解約シリーズはこの第8弾から読んでもいいくらい。理解をさらに深めるために、他の1~7弾を後で読むと意識に入ってきやすい。他のシリーズは図表・挿絵があり、感覚的に理解できるため。

妻がJWに堕ちるのには原因がある

“妻がJWに堕ちるのには原因がある” の続きを読む


エホバの証人の洗脳を解除する4つの質問

エホバの証人の洗脳を解除する

インターネットでダウンロードできるJW解約のための資料第7弾『番外編』

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

『エホバの証人に聞ける究極の質問』の項目より。

この項目の質問の順で議論できれば、相手のJW信者が通常の神経をしていれば解約に至るのは間違いない。とはいえ、完全マインドコントロール下にあるJW信者は通常の神経をしておらず、議論にすらならない。聞く耳を持たない。

ここが課題で何らかの外圧によるショックが無いと、マインドコントロールの鍵が開かない。私みたいにイヤイヤにエホバの証人をさせられていた人間は簡単なのだが、どっぷりエホバの証人組織に依存してしまっている人は、議論のテーブルにつくまでが困難。

そこの前提を取っ払って、JW信者と議論できるとしたらとする。下記の順で質問すれば、一直線で「ものみの塔=カルト」のゴールにたどり着く。そうすればJW信者はおのずと解約に至る。

エホバの証人の洗脳を解除する4つの質問

“エホバの証人の洗脳を解除する4つの質問” の続きを読む


エホバの証人の本質に関する質問

エホバの証人に関する究極の疑問

ふとしたことをきっかけに下記の疑問を抱いた。サクッと答えられそうな・・・長くなりそうな・・・。少し考えてみる。

  1. エホバの証人と普通のキリスト教は何が違うのか?
  2. 私はなぜエホバの証人をやめたのか?
  3. そして、なぜ全ての人がエホバの証人をやめるべきなのか?

1.普通のキリスト教とエホバの証人の違いとは何か?

聖書はほぼ共通だけど、エホバの証人の新世界訳聖書はものみの塔仕様に都合よく改ざんされている。三位一体を否定できるように、キリストの神性を否定できるように。キリスト=ミカエルとできるように。

他はエホバの証人の輸血拒否の教義だったり、十字架の不使用。洗礼の形式、クリスマスを行わないことなど。この辺がエホバの証人特殊教義。とはいえ、三位一体や十字架などはささいな問題。本質とはズレる。

そもそも私は普通のキリスト教徒であったことはないし、これから先も健全な一般的なキリスト教徒になるつもりもないので正確な違いなど答えようがない。エホバの証人と普通のキリスト教の違いとは?これは私が回答すべき質問ではないのか。

ものみの塔協会のクリスマス禁止の無根拠

エホバの証人には聖書知識の再インストールが必要

2.私はなぜエホバの証人をやめたのか?

“エホバの証人の本質に関する質問” の続きを読む


矛盾だらけのJW教義~ハルマゲドンは永遠に来ない

図解で一目瞭然「エホバの証人の矛盾」

ネットでダウンロードしたJW解約資料⑦番外編。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

後半は、幼児園児にも分かる『エホバの証人の意識図解』

前半は文字ばかりだったので、後半は図でエホバの証人の教理が説明されている。JWのインチキ教義などどうでも良いのだが、敵を知らねば戦いようがないので、これは助かる。

エホバの証人は根本教義に矛盾を抱えていることが、図解により一目瞭然。

  • エホバの証人だけが真の宗教
    →ものみの塔初代会長ラッセルはプロテスタントの牧師
    (エホバの証人だけが真の宗教ではない。むしろエホバは贋物)

  • 現在生きている人でエホバの証人の証言を受けたことがなければ、ハルマゲドンで助かる
    →エホバの証人が伝道をやめた方が助かる人が多い
    (意味不明教義、そもそも勧誘をやめた方がJWに騙され不幸になる人は減る)

  • 不道徳・喫煙を告白し排斥された信者には挨拶してはダメ
    →不道徳・喫煙を告白せず自然消滅した人は挨拶して良い。この差は何だ?
    (黙っている方が得をする。昔はJWも喫煙OKだったんだぞ)

  • 違う信条の人には用心しながら接触する
    →元信者で違う信条の人には近づいてはいけない。この差は何だ?
    (元信者は覚醒されて、組織の不義を語られるという不都合があるから、近づくなとしている)

  • 建前として自身の信仰の確証のためにあらゆる資料から調べるべき、そして聖書だけが真実で完璧
    →現実は最初から最後までものみの塔出版物だけを読め
    (だから、洗脳される。ものみの塔出版物は洗脳用教材の悪書)

エホバの証人には聖書知識の再インストールが必要

ものみの塔協会にとってだけの都合の”良い便り”

エホバの証人のどっちに転んでもシリーズ

“矛盾だらけのJW教義~ハルマゲドンは永遠に来ない” の続きを読む


エホバの証人の洗脳の根源を倒壊する

エホバの証人の矛盾する主張

インターネットでダウンロードできる『JW解約資料⑦番外編』

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

真理真氏作成の資料。第7弾の前半は、熱心学という熱狂現役JW信者の設定で背教者に対抗して語られる。

読み物として面白い。現役JW信者の言っていることは矛盾だらけでツッコミどころ満載。とはいえ、かつては自分を含め両親もほぼ同じ思考回路だったことを考えると恐ろしい。

1ページに一カ所は矛盾した現役JW信者の主張が載っている。

  • 背教者は傲慢である。それは常に自分が正しいと言い張るため
     ⇔
  • だがそれはあり得ない。正しいのはエホバの証人に決まっているから

どっちが傲慢なのかと。同じ穴のムジナ。

  • 背教者は過去の出版物から古い教理を引っ張り出してきて、組織がいかにウソをついたか主張する
     ⇔
  • 組織の出版物の記事は本当だが、背教者の根拠はデタラメ

出版物は結局正しいの?

エホバの証人の洗脳の根源はものみの塔への根拠なき妄信

“エホバの証人の洗脳の根源を倒壊する” の続きを読む