エホバの証人二世ロボットの思春期セックス問題

エホバの証人2世ロボットの裏表

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。私が子供の頃に、家族ぐるみで付き合っていた阿部家という家があった。

阿部家は両親揃ってエホバの証人という親権家族だった。阿部家も我が家と同じ家族構成で、一人息子の阿部君は私と同じくらいの年齢だった。

阿部君は完璧なエホバの証人2世だった。騙されやすく染まりやすい、そして周囲に好かれるためにはどうすれば良いのか、それだけを考えている子供。完全にものみの塔協会の洗脳下にあった。

しかし、エホバの証人2世には必ず裏表の顔がある。両親の前と学校での顔、エホバの証人の組織内での年上の信者の前での顔と同年代のエホバの証人2世の間での顔、そういった裏表の顔を上手く使い分けている。

私がエホバの証人をやめたいと考え始めていた小学校高学年の頃。阿部君はものみの塔協会に献身してバプテスマを受けたという風の噂を聞いた。バプテスマとはエホバの証人版洗礼のこと。何もかもをものみの塔という偶像に捧げますよという誓いの洗礼。

阿部君は小さな頃からエホバの証人の会衆内でも”模範的”な2世信者だった。若くして”兄弟”と呼ばれることになった生粋のエホバの証人2世。

そんな完全なるマインドコントロール状態にあるエホバの証人2世にも裏表があるのだろうか。阿部君に限っては、もしかすると聖者のように純粋にものみの塔協会の道を追い求める求道者だったのかも知れない。そう思えるほど阿部君はロボットのようなエホバの証人2世だった。

自慰行為の罪悪感と快感に溺れていくエホバの証人2世

エホバの証人二世ロボットのセックスとマスターベーション問題

阿部君のような完全と思えるエホバの証人2世にも必ず裏表がある。何故ならエホバの証人の子供は思春期になると必ず性の問題にぶつかるから。

10代になると襲い掛かってくる性欲に、どんなエホバの証人2世でも打ち勝つことは出来ない。

もともと不能だったとか性的にマイノリティーであるとかは別にして、健康的な男子は溢れんばかりの10代の性欲を完全に抑えつけることは出来ない。それはロボットのようなエホバの証人2世でも同じである。

エホバの証人2世の場合はなおさらその傾向が強い。理由は、幼い頃から無駄に性教育を受けているから。ものみの塔協会の出版物では露骨に性表現されている。

「肛門セックス、オーラルセックスは夫婦間でも禁止」と幼児の目に留まる書籍に記載している。そして得意気にそれを朗読させる。小学校に入る前の子供にわざわざ肛門や口を使ったセックスがあるということを教える必要があるだろうか。

不要な性に関する知識を植え付けられたエホバの証人2世は、年頃になるとその性欲の発散に悩むことになる。

ものみの塔協会は婚姻前の性交渉を一切認めていないし、10代前半の段階で異性との交際が許されることはない。そして何よりも問題なのはものみの塔協会がマスターベーションを禁止していること。

どんなに洗脳されたエホバの証人二世ロボットでも、人間の基本的欲求である性欲だけは抑えようがない。しかもエホバの証人の子供は、幼い頃から性に関する知識だけは詰め込まれている。全て禁止という前提で。

年頃になるとただでさえ抑え切れない欲求が高まるのに、エホバの証人二世であればなおさら。阿部君のようなエホバの証人ロボットでも、その欲求を抑えることは出来ず、隠れてマスターベーションに励んでいたに違いない。

マスターベーションは、エホバの証人的には罪。裏表のあるエホバの証人二世たちは、親にはバレないようにコトを運ぶのだが、洗脳状態にあるため、神エホバに対する罪悪感だけは募らせていく。そのため、性欲と罪悪感に満ちた何とも不健康な青春を送ることになる。

エホバの証人のセックスとマスターベーションの罪と罰


“エホバの証人二世ロボットの思春期セックス問題” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください