エホバの証人の洗脳が解ける瞬間

エホバの証人の洗脳とは

私は、ほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。2世とは親がエホバの証人である2世信者のこと。エホバの証人は、強制的に自分たちの子供をエホバの証人にする。

私は14歳になると、自分の意思でエホバの証人を辞めた。しかし、この段階でものみの塔協会による洗脳は解けていなかった。

天には全知全能、天地を創造した神エホバがいて、地上の堕落に憤りを覚え、ハルマゲドンという終末を予定している。その終わりの日を生き残るのは真面目なエホバの証人だけという冗談みたいな教理。

しかし、私はこのトンデモ教義に洗脳されていた。生まれながらにして、繰り返し、繰り返し教え込まれると、体中に染みつくよう妄信してしまう。これがマインドコントロール。20歳を過ぎても私の洗脳は解けず、いつか来るハルマゲドンで滅ぼされるという覚悟をしていた。

この頃の私は、いかにエホバの証人的生き方をしないかということを第一にしていた。不特定多数の異性と交際し、ギャンブルに明け暮れ、ヘビースモーカーだった。過度の飲酒で内蔵ごと吐き出しそうになったことも一度ではない。

エホバの証人をやめた後でもつきまとう罪悪感

しかし、自分の行動にはいつも罪悪感がつきまとっていた。私は出来るだけ非ものみの塔的な行動をしようとしていたので、故意に罪を犯していたことになる。罪と言ってもものみの塔協会の決めた教義に背いているだけで大したことはない。

それでも未だマインドコントロール状態にあった私は、常に罪の意識を抱えていた。天にいるエホバという神に監視されていて、来たる裁きの日での処分材料を揃えられている。

まさにこの瞬間にも、天から怒りの業火が降り注ぎ、この身を焼き尽くされる恐怖に襲われていた。罪の意識とハルマゲドンへの恐怖、これに怯えながら私は生きていた。

エホバの証人の洗脳が解ける瞬間

私の洗脳が解けたのは、ものみの塔協会は都合の悪いことを全て隠していると知ったときである。頭の中のものみの塔的回路が一瞬で瓦解した。今まで感じていたものみの塔協会に対する疑問、不信が全てつながる。ものみの塔協会は欺瞞の組織、裏表のある組織だと。

ものみの塔協会は都合の悪いことを隠すために嘘をつき続けている。そもそも神エホバの存在そのものが嘘。インターネットでものみの塔協会の不義を知ったときに、私の中で全てがつながった。洗脳の糸が一気に解けた瞬間である。

きっかけはたった一つで充分だった。初代ものみ塔協会会長チャールズ・テイズ・ラッセルの墓がピラミッドになっている。その事実が信者には隠されている。これだけで私の洗脳が解けるのに充分だった。

エホバはいないし、ハルマゲドンはこない。ものみの塔協会は最初から今に至るまで嘘つき、その嘘を隠すために、信者に情報統制をしいている。これはオレと一緒じゃないか、そう思った。

二面性のあるエホバの証人とものみの塔協会

かつて、エホバの証人2世として厳格に育てられていた頃のこと。親に隠れて数々の罪を重ねていた。親に隠れて、ものみの塔協会に禁止されていることをする都度、嘘を重ねていた。

王国会館や両親の前での振る舞いと、学校や”この世”の友人の間で見せる自分に違いがあった。私には裏表のある二面性があった。この二面性はものみの塔協会にもそのまま当てはまると私は気付いた。

ものみの塔協会の二面性は、皮肉にも信者にそのまま受け継がれている。さらに皮肉なことに、そのものみの塔協会の二面性は、組織内のエホバの証人に対してことさら示されているのである。

これはものみの塔協会の頂点に君臨する統治体に著しい。さも自分たちは神に導かれた者であると、振舞っているのだが、裏では隠蔽工作を指示し、贅沢三昧の金欲主義者の集団。

ものみの塔協会のマインドコントロール手法

エホバの証人をやめるときの3つの注意点(正しい脱会方法のまとめ)


“エホバの証人の洗脳が解ける瞬間” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください