ものみの塔協会の欺瞞的体質、ハルマゲドンは来ない

エホバの証人2世、14才の決断

私はほぼ生まれながらのエホバの証人として育てられた。いわゆるJW2世信者。そのため、幼い頃からハルマゲドンという裁きの日に滅ぼされる恐怖に支配され続けていた。

ハルマゲドンとはエホバの証人のトンデモ教義で、神の裁きの預言のこと。ものみの塔教義上、今すぐにでもハルマゲドンが勃発するという設定になっている。

ハルマゲドンを生還できるのは、正しいエホバの証人だけ。それ以外の人類、全ての体制は神エホバにより滅ぼされ、地球がパラダイスに作り変えられるというけしからん話。全人類一丸となり攻撃してくる神を撃退してやりたいところだ。

今でこそ、こんな教義がおとぎ話であることは理解できるのだが、生まれつきに頭に叩き込まれるとそうはいかない。私は神エホバの存在とハルマゲドンの預言を完全に信じ込んでいた。

しかし、ものみの塔が定めた厳格な教義を守り続けられるほど、私は単純で純朴ではなかった。ものみの塔はマスターベーションを禁止しているし、あらゆる快楽・名声・成功を求めることが許されない。

教義を遵守できないのなら、ハルマゲドンでの生還は不可能。

活動的だった14才の私にとって、病人だらけのエホバの証人と堅苦しいものみの塔教義は鬱陶しさそのもの。はちきれんばかりの性欲を抑えつけることも出来なかった。

生命の一瞬の輝きと刹那的な快楽を求め、エホバの証人と両親を捨てようと決意したのが14才の時。私がエホバの証人を辞めたあとで、両親も順を追ってこの宗教を辞めていく。その過程で両親は離婚し、現在は一家離散。

元エホバの証人2世、二十歳の気付き

私がものみの塔協会がついている大きな嘘に気付き、マインドコントロールが解けたのが20才を過ぎた頃。インターネットでものみの塔協会の欺瞞的体質を知り、全てが嘘だったと理解した。

ハルマゲドンは来ないし、神エホバも存在しないという結論に一瞬で至る。

輸血が解禁されている国がある、かつて国連NGOに加盟していた、初代会長ラッセルの墓があり、ピラミッドの形をしている。ものみの塔の欺瞞、どれ1つでも充分だった。

真理、真理と言い続けている組織が、1度でも真実を隠蔽しようとした。それだけで私は合点がいった。何となく感じていた疑惑が確信に変わった。

ハルマゲドンは起こらない。そして、エホバの証人は完全に騙されていて、ものみの塔のマインドコントロール下にあったのだと気付く。

エホバの証人の「終わりの日」というウソ

エホバの証人の洗脳が解ける瞬間


“ものみの塔協会の欺瞞的体質、ハルマゲドンは来ない” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください