20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考

元エホバの証人二世がものみの塔協会に奪われた前半生

私は物心つく前から14歳までの期間をエホバの証人の2世として育てられた。人格形成のための重要な幼少期と少年期を、ものみの塔協会のガチガチの教義に縛られ成長した。

両親ともにものみの塔協会の完全洗脳下にあり、幼い私に逃げ場所は無かった。信者でなかった親族とも離れて暮らしており、会えても年に1度か2度、それも両親の監視下にあった。

エホバの証人を否定する親族に対して、子供の私が「エホバの証人の王国会館に行きたくない」とでも言おうものなら、待っているのは懲らしめという体罰である。そんなことを言う子は悪魔サタンの誘惑を受けていると。

他にも、ものみの塔協会の教義に反すると体罰を受けることになる。エホバの証人の子供たちはこのムチが怖くて大人しくエホバの証人の親に従っている。

また、ものみの塔協会の教義に従わないとハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖心にも支配されていた。天から降る業火に自身の体が焼かれる夢をよく見たものだ。日々、恐怖心を抱えて生活する子供が健全である訳がない。

私はとあることがトリガーとなり、20代前半でエホバという幻想・ものみの塔協会の洗脳からの解放に至る。しかし、それまで生きてきた20年間全ての時間をものみの塔協会に捧げることになってしまった。取り返しのつかない時間。

エホバの証人の洗脳が解ける瞬間

元エホバの証人二世の無意識下にあるエホバの証人的思考

私は20代前半でものみの塔協会のマインドコントロールから解放された。

エホバの証人の信じるエホバという神は幻想で、ものみの塔協会の唱える形でのハルマゲドンは勃発しない。エホバの証人がハルマゲドン後の地上の楽園で永遠の命を享受するというのもものみの塔協会の作り話だと気付いた。

しかし、こう理屈では解っていても、この頃の私の頭の中は未だにものみの塔協会の影響を深く受けていた。エホバの証人の行動指針やものの考え方は、自分でも気付かないほど心中深く染み付いていた

こうして、私の20代はものみの塔協会から完全に自由になることなく消化されていくことになった。それは20年間の反動。強く強くものみの塔協会を否定し、いかにものみの塔らしくなく生きていくか。

激しく否定することで、逆にものみの塔を意識するという逆説的洗脳状態にある20代を私は送ることになった。

不真面目であろうとする生真面目な元エホバの証人2世


“20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください