ものみの塔協会に多大な犠牲を支払い続けている私の両親

私の両親が受けたものみの塔協会による洗脳被害

エホバの証人2世として育てられたことで、私の若年期は悲惨だった。しかし、私の両親は私以上にものみの塔協会に多大な犠牲を支払うことになった。それがエホバの証人組織に献身した人間の末路である。

私の両親は、人生における最も生産的・活動的に生きられる20代から40代までの全ての時間をものみの塔協会に捧げてしまった。さらに、経済力や社会的地位をエホバの証人という宗教団体により搾取されてしまった。その上、最後に待っていたのは一家離散という悲劇だった。

ものみの塔協会の洗脳が解けたあとに残る後遺症

それでも、私の両親はものみの塔協会の洗脳から逃れ、残りの人生を今でも生きている。エホバという偽りの心の支えを失った後でも、人は何とかして生きていかなければならないのである。

エホバの証人の嘘を見抜き、マインドコントロールが解けただけでハッピーエンドという訳にはいかない。既に、偽神を掲げる団体に欺かれ、多大な犠牲を支払ってしまった後だから。

深い傷と取り返しのつかない年月、家族間の溝、一般社会との隔絶が残される。そして、一番大きな問題は自身の心の中にある。

元エホバの証人が被る物質的被害

エホバの証人被害者が受ける経済的被害は大きい。私の両親のように一番生産的に活動できる年齢をすべてものみの塔協会に捧げてしまうと、手元には何も残らない。

エホバの証人は、この世の終わりが近いので、熱心に仕事をすることは禁止されている。その分、ものみの塔協会の伝道奉仕活動を行えと。わずかな収入も全てものみの塔協会に寄付しなければならない。

無貯金、無キャリア、無職で中年。これでは王国会館という幻想に戻りたくなる気持ちも分からないでもない。でも、人生はいつもそこから。何も持たないのは生まれた時と一緒。エホバの証人を辞めるということは、生まれ変わったということだと考えて進むしかない。

家族そろって、円満に脱ものみの塔とはいかないだろう。必ず信者として残りたい家族との関係はこじれる。カルトによって家族の絆も引き裂かれるのだ。場合によっては、夫婦、親子関係を失いかねない。

それでも人間は生きていかざるを得ない。自分自身の人生に対する責任がある。カルトに逃げたけじめをつけるのだ。

元エホバの証人が被る精神的被害

私のように非エホバ的生き方をしなければならないという固定観念にとらわれると、その後の人生も結局はエホバの支配下に置かれることになるのである。

本当に自分がやりたいこと。すべきこと。それを見つけられずに、いかにものみの塔協会の指針に反した生き方をするか?私はそれだけを考え、エホバの証人を辞めた後の20年程度を過ごした。

エホバから自由になったはずが、心の中では常にそのエホバを意識していたことになる。ものみの塔から自由になれず、ものみの塔に縛り続けられていたということ。

これがカルトの被害を受けるということである。物質的被害、精神的被害、それらが覆い重なり、複合し後遺症として残る。

カルトをやめても洗脳が解けない後遺症はこちら


“ものみの塔協会に多大な犠牲を支払い続けている私の両親” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください