ハルマゲドンに怯えるエホバの証人の生き方

エホバの証人の最終戦争ハルマゲドンに怯える

私が生まれ育った家は、家族全員がエホバの証人という神権家族だった。私は、14歳までをエホバの証人2世として過ごしたが、中学2年生の秋に自分の意志でエホバの証人をやめた。

そして、自由気ままな高校・短大生活を送る。いつハルマゲドンが来てもいいように、やるべきことをすべてやり尽くす毎日を過ごしていた。そして21世紀になった。ノストラダムスの預言もはずれ、エホバの証人の唱える終わりの日、ハルマゲドンも勃発しなかった。

ハルマゲドンとはものみの塔協会の教義のひとつ。絶対神エホバが邪悪なサタン一派を一掃し、地球もエホバの証人以外はすべて滅ぼされクリアにされる。その後、地上は千年王国と呼ばれる楽園になり、エホバの証人はそこで永遠の命を享受するというファンタジー教義である。

ハルマゲドンのため、私は新世紀を迎えることなく死ぬだろうと思っていたのだが、無事に21世紀がやってきた。私は短大を卒業し、就職しなければならない時期になる。

無為に青春を浪費し破滅的な生き方をする元エホバの証人二世

この就職先は適当に選んだ。立地が街中で休みが多くてといったそんな安易な理由だ。就職しても、どうせ定年まで勤めるということもなく、ハルマゲドンが起こる。この世界もろとも私も滅ぼされると思っていたので、どうでもよかったのだ。

私は、14歳の段階でエホバの証人をやめており、短大過程まで進学できていたので就職先には困らなかった。時代は就職氷河期真っただ中だったのだが、簡単に就職できたのはラッキーだった。当時熱中していたパチンコにそのまま精を出すことが出来たから。

この頃は、こんな安易な生き方をしていた。明日にでもハルマゲドンで死ぬかも知れないのだ。日々、勉強して、将来有望かつ安泰な会社に就職する。そんな営々と積み重ねる日常を、神エホバがむごたらしくも破壊してくる。こう信じていたのだから仕方がない。

私は、目の前の楽しみ、欲望だけに忠実に生きていた。健康に気を使う必要もない。タバコも酒も好きなだけ、異性との交際も適当、不特定多数相手、風俗営業店にも出入りしていた。車に乗ればメーターが振り切れるまでスピードを出して走らせていた。

エイズになろうが、肺がんになろうが、交通事故で即死しようが大差ない。いずれハルマゲドンがくれば、すべて無に帰するのだ。無茶な生活を行いながらも、いつ死んでもいい覚悟が出来ていた21世紀の初め。

私の洗脳が解ける瞬間がやってきた。熱心なエホバの証人だった両親によって、生まれた頃からものみの塔協会の教義にマインドコントロールされてきた。天にエホバ、キリストが君臨し、サタンをやっつけるハルマゲドンは必ず起こると信じ切っていた。

22歳から23歳頃のこと。ふとインターネットでエホバの証人について調べたのだった。14万4000人の残りの者ってどうなっているんだっけ?この疑問が始まりである。

ハルマゲドンに怯える高校生活はハルマゲドンに怯える元エホバの証人2世


“ハルマゲドンに怯えるエホバの証人の生き方” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください