エホバの証人の主の記念式と14万4000人の残りの者

エホバの証人の14万4千人の教義

ものみの塔協会には14万4000人の教義というものがある。その14万4000人のエホバの証人たちは、死後、天に昇りキリストの横で支配層として君臨することになっている。

14万4千人の神にも近い集団には、統治体というものみの塔協会最上層のメンバーが含まれている。また一般信者の中にも、そのメンバーは存在する。自分が選ばれたどうかは神からの啓示があると言われおり、幻のように天啓を受けるとされている。

統治体のメンバーの中には、確信犯的に自身が天から選ばれたことにしている者が多いのだろう。逆に、一般信者の中で、自分が14万4000人のメンバーだと言っている人は、かなり頭がやられちゃっている人。幻覚か何かを見て、自分が選ばれた昇天組だと勘違いしているのだ。

エホバの証人の主の記念式

エホバの証人は誕生日などの祝い事を一切しないのだが、年に1度だけキリストが死んだ日を祝う「主の記念式」というイベントがある。この日だけは信者たちは着飾って王国会館というエホバの証人の集会所に集合する。女性の信者はドレスを着たり、振袖を着たり。

この主の記念式では、キリストの血と肉の表象物とされる無添加ワイン、無酵母パンが参加者の間で回される。エホバの証人には珍しい、いかにもカルトなイベントである。

この記念式では、一般信者はキリストの血と肉を表す薄焼きパンと赤ワインを飲食することはできない。ただ回すだけ。しかし14万4000人に選ばれた者だけは、その表象物にあずかることが許されている。

固焼きパンを食べ、赤ワインを飲むことで、自分は14万4000人のなかの、昇天前の地上の『残りの者』であると表明するのである。彼らは、『14万4千人の残りの者』とか『油注がれた残りの者』と呼ばれ、エホバの証人からは一目置かれる存在。

記念式が終わると無酵母パンや赤ワインの効力はなくなり、パンを家に持って帰って食べることが許された。これが子どもたちにはちょっとした楽しみだったりする。

相当に痛い信者である14万4000人の残りの者

私が子どもの頃、まだこの記念式に連れて行かれていたときのこと。同じ会衆にいた、おばあちゃん姉妹が、この主の記念式でいきなり、パンを喰い始めたのだった。

会衆というのはエホバの証人の地域毎の集団のこと。信者たちはお互いを何々兄弟、何々姉妹と名前に兄弟姉妹をつけて呼びあう。

この信者は尋常でなく熱心で、他人の子供である私も行儀が悪いと定規などで叩かれたものだった。彼女は、見境なくエホバの証人活動を行ったため、家族を失い、老後になるまでの長い時間を費やしてしまった。そして、最後に遂に幻覚を見てしまったのだった。

エホバの証人の体罰については児童虐待が隠蔽されている王国会館を通報せよ

周りはあの姉妹ならと納得したのだが、完全に頭がいかれてしまっただけ。片田舎に住んでいる老婆が、天に昇って支配者として君臨できるはずがない。勘弁してくれ。

ものみの塔協会の教義を繰り返し唱える以外の能力は皆無。自分の家族関係すら管理できなかった愚か者。自分が見たい幻想を夢にでも見て、勘違いが始まったのだ。かなり痛い話である。


“エホバの証人の主の記念式と14万4000人の残りの者” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください