人生の指針は目に見える成果を上げているものに

エホバの証人のマインドコントロール

2002年から2003年のこと、私は20代前半だった。二十年もの間、ものみの塔協会の深い洗脳下にあったのだが、遂にそのマインドコントロールから解放された。

私は、生まれながらのエホバの証人2世で、天にエホバという神がいて、ハルマゲドンというこの世の終わりは近い、ずっとそう信じ込んでいた。しかし、それらは全部、ものみの塔協会の虚偽だと気付く。これが洗脳が解けた瞬間。

洗脳が解けた瞬間についてはこちら

私は、二十歳を過ぎて、自分の根幹を失ってしまった。どうやって生きていったら良いのか、何をファーストプライオリティとすべきなのか全く不明。生まれたての赤ん坊状態になってしまったのだった。

惰性で生きることになる元エホバの証人2世

この後、私は惰性で生き始める。吸っていたタバコを、そのまま吸い続けたのが、その象徴。なぜタバコを吸い始め、なぜ吸い続けるのか?そのメリット、デメリット、辞めた場合のメリット、デメリットは?

自身の根幹を失ったのだから、一から全部理論立てて考えるべきだったのに、私はそれをせず、慣性に従い、生活を続けた。

心の底から、ものみの塔協会が憎かったし、ものみの塔協会のせいで失った家族のことは悲しかった。とはいえ、ハルマゲドンで明日にでも即死という恐れはなくなった。これは喜びだったし、洗脳が解けたという興奮状態にあった。

そのため、何かをじっくり考えるというよりは、そのまま目先の楽しさを享受する安易な選択をしたのだった。翌日から会社に行き、終業後はパチンコ屋に行き、勝てば飲みに行くという享楽的な生活。

新しい人生の指針が何とも”しょぼい”反エホバ思想

そういった生活を続けていくうちに、自分の中にまた根っこと呼べるものが生え始めた。反エホバである。反ものみの塔協会という思想だ。嘘つき集団を否定し、奴らの考え方すべてと正反対の生き方をしなければならない。という考え。

私は、この考えが根ざすと同時に、その生き方を実行し始めた。ここが安易でいけなかった。よく考えるべきだったのだ。反エホバ!反エホバ!と強く主張している時点で、洗脳されていた時と何ら変わらない。エホバに振り回され、本来の自分を見失っている。結局、エホバという猛毒が心中深く蝕んでいるのだ。

元エホバの証人としての傷が深いあいだは、ものみの塔協会なんて無視しておけばいい。積極的な姿勢で無視して、新しいメンターを探そう。それに騙されても良い。騙されたと気付ける考え方、思考法を養えたと思えばそれば良い。

まずはエホバから離れることが大事。そして、新しい指針は宗教ではない方が健全。会社で出世している人だったり、世の中の成功者だったり、歴史上の偉人だったり。

宗教から一旦離れて、人生の指針を探す

基本、宗教は見えないものを崇めるので、一見怪しげ。それを補うために深い自己批判・自省、もしくは欺瞞、まやかし、ごまかし・偽善が必要になる。前者はまともな宗教で、後者はカルト。

エホバの証人をやめて、心が定まらない間は自分をみつめることも叶わない。そんな余裕はないから。そして、エホバの証人らしい決めつけ思想が抜けきっていない間に、新興宗教系のカルトに触れるのも危ない。またすぐにハマってしまう。

よって、宗教からは距離を置き、目に見える成果を上げている人・団体を指針として人生を再構築すべき。

私はこれをやらずに、自分の心の声に従い、指針を定めた。自分の心の声に従う。これは何の問題もないのだが、私の心の声は「反エホバ、反ものみの塔」、これは本当の自分の心の声ではなかった。

強く否定することは、否定対象に縛られ、心揺さぶられているということ。すなわち、「反エホバ」は「エホバ」そのもの。まだまた深い洗脳状態にいるのと何ら変わらなかった。

脱塔後の後遺症についてはこちら


“人生の指針は目に見える成果を上げているものに” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください