エホバという幻想からは簡単に逃れられない

強く否定することで逆にエホバに縛られることになった元エホバの証人二世

私の20代は、非エホバ的な生き方をしなければならないという強迫観念にとらわれ無法、無頼として過ごすことになった。この生活態度に伴い、私は多大な犠牲を支払うことになる。

これは幼い頃からエホバの証人二世の子供として育てられたことへの反動。反発とも言える。

エホバの証人を嫌い、あの穏やかさや親切、愛、喜びと言った彼らが一応は重視している美徳とも言える概念をも私は否定していた。喫煙、過度の飲酒、ギャンブル、上位の権威や目上の人々に対する反発、そういった反ものみの塔的な思想や行動を追い求めた。

それは本来の私の望みや考えではなく、単純にエホバの証人の2世であったという過去を否定することから派生したもの。

エホバの証人的生き方をしないでおこうと思えば思うほど、ものみの塔の教義やエホバの証人の生き方に注目して、逆をいかなければいけない。私の20代は、反発するほど逆にエホバに縛られるという状況に陥っていた。

私の幼少期はものみの塔協会によって無残に犯され、家族は崩壊した。さらに、私の20代はものみの塔協会の洗脳下にあり、取り返しのつかない時間を奪われてしまった。

逃れなれないものみの塔協会の洗脳という恐怖

もうすぐ40歳という今でも、私はエホバの証人の2世信者だった頃の夢を見る。

両親にエホバの証人の王国会館に連れて行かれるのを拒否しようとしているのだが、それをなかなか言い出せないというシビアなシチュエーション。王国会館に行かないと告げエホバの証人をやめることは両親を裏切ることになると思い戸惑っている思春期の頃の自分に戻っている。

もうエホバの証人を辞めたはずなのに、再び家から家へと周る野外布教活動に連行されている。見知らぬ家の呼び鈴を鳴らす恐怖を、私は未だに夢の中で味わっている。

私のエホバの証人の2世としての過去は、今でも完全に清算できたとは言えない。忘れようとしても忘れられないほど心中深く蝕まれている。むしろ、どこかで折り合いをつけて行くべきことなのかも知れないと今では考えている。

心の中にものみの塔の影響が色濃く残っていることを認める。その上で、ものみの塔を倒すための活動を行う必要がある。カルトの影響が残っているからこそ、ものみの塔というカルトの危険性を知っているからこそ、出来ることがある。

やるべきことがある。ものみの塔というカルトを崩壊させること。

また、情報を共有することで、ものみの塔というカルトの被害を過去に受けた人の癒しとなることが出来る。他人の傷を知ることで自分の傷の再理解、癒しになる。

そして、今だ現役エホバの証人信者である人たちの解放。彼らは被害者であると同時に被害者を増殖させる加害者にもなってしまう悲しい存在。現役エホバの証人をゼロにし、ものみの塔を崩壊させるために、私はこのブログを書き続けている。

エホバという幻想から逃れられないのなら、その根本であるエホバの証人組織を絶つしかない。

エホバの証人が破壊的カルト宗教である証拠

王国会館閉鎖のための逆伝道奉仕活動


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください