エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ

元エホバの証人二世の無意識下に残るエホバの証人的思考

私は生まれながらのエホバの証人の2世信者だった。両親はともにものみの塔協会の完全洗脳下にあり、私は当然のようにものみの塔協会の戒律で縛られ、小さな頃からものみの塔協会の洗脳教育を受けた。

20歳を過ぎた頃、ものみの塔協会の不義・欺瞞・偽善的体質を知り、一気にマインドコントロールが瓦解。ものみの塔協会が存在を主張する神エホバはいないし、彼らの預言であるハルマゲドンも起こらないと気付く。

エホバの証人のハルマゲドンと永遠の命という悪い冗談

ものみの塔協会の洗脳状態から解放されても、私は未だにエホバの証人的なものの考え方から自由になれなかった。エホバの証人のこうあるべき、かくあるべきという決めつけ型思考を捨て去ることが出来なかった。

エホバの証人は良いことは神エホバのおかげ、悪いことは全て敵である悪魔サタンの仕業と切り捨てる。サタンが翻意する可能性など考えない。ものみの塔の出版物は全て正しくて、それ以外の書物は毒であるとい固定的なものの考え方をする。

ものみの塔協会の洗脳が解けても、私はエホバの証人を辞めたので、反ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込んでいた。これが無意識下に残るエホバの証人的思考の影響。

こうして、私の20代は、いかにしてエホバの証人らしく生きないかという点だけに注力されることになった。逆説的な意味になるが、結局のところ私は、一切ものみの塔協会から自由になれていなかった。

簡単には逃れられないエホバという架空の存在の呪縛

エホバの証人を辞めた後の私は、反ものみの塔的なものの代表として、酒、タバコ、ギャンブル、ポルノ、不特定な異性との交際、セックス、そういったものに多大な時間と経済力、労力を費やした。

必死に非エホバ的人間になろうとしていたということを考えると、エホバから完全に自由になっていたとは全く言えない

真面目に真面目に考えていた。どうすればダサいくそ真面目なエホバの証人っぽい生き方をしなくていいかと。真面目に真摯に、真面目でない生き方を模索していた。不真面目になる方法を真面目に考えるという自己矛盾。

ものみの塔っぽくない不真面目であらねばならないという決めつけ型思考から、それを真面目に漏れなく実行しなければならないという態度が、既にエホバの証人的思考。私はこの生き方で20代を暴走して生きる。

もうすぐ40歳という今でもエホバの証人の2世信者だった頃の夢を見る。原罪でも心の一部分をものみの塔協会の残像が占有し、偽神エホバとの戦いの日々が続いている。

むしろ、かつてものみの塔協会に受けた洗脳の後遺症からは、完全に自由になることのは不可能と認め、その上で今後の生き方を模索していかなければならない時期に来ていると考えている。

エホバという幻想からは簡単に逃れられない


“エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください