エホバの証人2世のできなかったこと

エホバの証人二世の子供の幼なじみ

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園といった幼児教育は一切受けず、幼い頃から母親によってものみの塔協会の勧誘活動に連れ回される日々。

幼なじみと言えば、同じ境遇にあるエホバの証人2世だけ。その中でも一番仲の良かったのはジュン君というエホバの証人2世の子供だった。

私は小学校4年生のときに田舎に引っ越しているので、エホバの証人2世の幼なじみもいなくなってしまった。しかし、引っ越した後でもエホバの証人組織に属していたので、ジュン君を始めとする以前のエホバの証人の会衆の近況は何となく伝わってきていた。

そして時が経過し、私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。幼馴染のジュン君も似たような時期にエホバの証人をやめたと噂で聞く。

ジュン君と私の2人で相談してエホバの証人組織を抜ける手はずを整えるという選択肢もあった。しかしそのタッグを組むには我々は物理的に距離が離れ過ぎていた。

私の家庭は両親がともにものみの塔協会に献身していて、父親は会衆内でも長老という重要なポジションに着いていた。母親も熱心な正規開拓奉仕者だった。対してジュン君の家は、父親がエホバの証人に対しては協力的ではあるもののバプテスマまでは受けていないという状態で家庭環境も異なっていた。

結局、私は自分一人で考え、熱心なエホバの証人だった両親と決別しエホバの証人を止める行動に出た。全て単独行動。近くにいる同年代のエホバの証人二世たちには一切相談しなかった。相談すれば親を通じてすぐに私の脱会希望が両親に密告されるのは明らかだったから。

なにごとも本音で話せないエホバの証人

エホバの証人をやめた後で両親との関係をどのようにしていくか。それがエホバの証人2世にとって大きな課題。そういったことを相談しあえる友人関係をエホバの証人2世の間で築くことは難しい。

エホバの証人2世は自分の気持ちを押し隠して成長してきたので気楽であるべき友人に対しても本音を話すことができない。友達だけではない。恋人や配偶者に対しても腹を割って話すことが出来るようになるのには時間を要する。

結局、私は誰に相談することもなく、自分だけで考えてエホバの証人をやめるプロセスを実行した。両親に今日から王国会館の集会に行かないと告げることから始め、後は徹底抗戦。ものみの塔協会の活動を何もかもやめ、エホバの証人の全てを否定した。

この過程で私と両親の関係は微妙なものになっていく。お互いに何も話すことができなくなってしまった。数年後、何らかのきっかけで父親の洗脳が解ける。この原因すら私は知らない。

未だものみの塔協会による深いマインドコントロール状態にあった母親と洗脳解除された父親は離婚することになる。信条の違いが原因。後に母親の洗脳も解けたのだが、この期間に私にすべきことがあったと今になっては思う。私が何もしないまま我が家は一家離散。

エホバの証人を辞める際に徹底的に両親とやり合ったので、それ以降両親とは突っ込んだ話ができなくなってしまった。両親をカルトに洗脳されているというエホバの証人二世特有の悩みを、二世信者の誰かと相談出来ていたら、結果は違っていたのかも知れないと考えている。

自意識過剰なエホバの証人2世

20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください