元エホバの証人二世の陥る非エホバ願望・反ものみの塔思考という罠

元エホバの証人2世の非エホバでなければならないという強迫観念

私は物心がついた時から14歳になる直前までエホバの証人という宗教中心の生活を強制された。両親が熱心なエホバの証人信者で、私が生まれながらのエホバの証人2世信者だったた。

私の子ども時代は、厳しいものみの塔協会の戒律に縛られ、親による懲らしめという体罰やハルマゲドンでの終末の到来という恐怖政治のもとに置かれていた。ものみの塔協会による洗脳状態での成長は私の人格形成に大きな影響を及ぼすことになる。

中学2年生の秋に、私は自分の意志でエホバの証人組織をやめた。1994年のこと。これは尋常でなく熱心なエホバの証人信者だった両親との決別を意味する。

このエホバの証人脱会以降、私は非エホバ的生き方をするということを重点にして生きていた。しかし、そうすればするほど、エホバの証人的思考に陥ってしまっていた。

独善的で自己中心的、目的のためには手段を選ばず欺瞞に満ち、私は他者の生命をも軽んじていた。他人の血が流れることに対しても、怖れを抱かない残虐的な性格を持つ大人にならなければならないと考えていた。

これは表面的には穏やかで善良なエホバの証人の裏返しとしてである。反エホバの証人として暴力的な生き方が望ましいと私は思い込んでいた。

独善的なものみの塔協会とエホバという残虐で暴力的嗜好を持つ神

一見、反ものみの塔的なこういった考えも、元を正せばエホバの証人2世として育てられたことを起源としている。

独善的で自己中心的な考え方はものみの塔協会の思想から派生したものである。ものみの塔協会は他の宗教を一切認めず全否定している。政府などの国家権力を一応は認めるものの、それも神以下。

ましてはエホバの証人信者でない人は将来のハルマゲドンで全員死ぬとしているなんとも自己中心的態度。また、エホバの証人組織を追い出された排斥者に対しては挨拶もしないという愛の欠如。

残虐さや暴力的思考はハルマゲドンで人類のほぼ全てを一掃しようとしている神エホバの残虐な態度そのもの。エホバという神は紀元前の頃から敵対する民族を海の底に沈めたり、世界がどうにもならなくなると地球まるごと水没させてしまったりするような癇癪持ち。

エホバの証人2世が陥りがちな非エホバという罠

エホバの証人2世として縛り付けられてきた状態から解放され、羽を伸ばしてどこまでも好き放題したくなるのは良い。

しかし、いかにエホバの証人らしくなく振る舞うかを重視しすぎたり、反ものみの塔的行動をしなければならないという思い込みは罠である。

エホバやものみの塔にまつわるものを、逆説的とは言え意識し過ぎた状態になるから。それでは全くものみの塔協会から自由になっているとは言えない。

そもそも○○らしい、○○しなければならないという強迫観念はハルマゲドンという幻想に怯え、極端に厳しい戒律に縛り付けられているエホバの証人的思考そのもの

エホバの証人はハルマゲドンから生還するために、信者としてふさわしい行動をしなければならないという強迫観念に囚われている。

人間はもっと自由で良い。かくあらねばならないなんてことはない。最低限の人に迷惑をかけないとか、人に親切にするとか、その程度をカバーしておけば、その時々に思いのままに生きればいい。

『解毒』~地球の人間になれないかぐや姫

エホバの証人2世のできなかったこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください