世界の破滅を祈るエホバの証人

日常的に罪を犯しているエホバの証人

エホバの証人の2世信者には「罪悪感の欠如」という特徴がある。幼い頃から自分は罪を犯し続けていると思い込んでいるから。罪が日常になれば、当然罪悪感は薄れていく。

エホバの証人が日常的に罪を犯していると思い込むのは、エホバの証人の戒律には禁止事項が多過ぎるがゆえ。あらゆるものに興味を示し、経由していくべき好奇心旺盛な子供にとって、エホバの証人の戒律を遵守することは無理難題。

エホバの証人二世信者の子供の罪とは、ものみの塔協会の戒律違反。親の言うことは絶対というのも戒律の一つなので、親の言いつけ一つ破るだけで親子双方に罪と認識される。

親は神から是認を受けて、親たる立場にいるというのがものみの塔協会の権威付けの手法。同様に自分たち組織の絶対の権威を主張する。子供が親との約束を破ることは、神に背くことにも等しいというのがものみの塔協会の理論。

子供のエホバの証人だけが罪深い(と自ら思い込んでいる)訳ではない。実は、大人のエホバの証人こそが罪深い。

妬みや憎しみなどは、エホバの証人として抱くべき感情ではないとされている。エホバの証人はもともと純粋な原始キリスト教を自称しているので当然。

しかしながら、そういった負の感情をエホバの証人は日常的に抱いている。なぜなら、エホバの証人の組織内で地位を上げた特権階級に対して嫉妬が渦巻いているから。また、自らの信仰に水を指す一般の人々に対しては憎しみさえ抱く。

エホバの証人の大人は精神的に罪を犯すことが常。また、エホバの証人の子供は日常的に罪を犯していると自分で思い込んでいる。エホバの証人組織とは何とも罪深い構造。

エホバの証人二世の子どもの罪悪感の薄さの原因

エホバの証人2世が特権より欲しかったもの

世界の破滅を祈るエホバの証人

エホバの証人はものみの塔協会のみが真理で、その他の宗教は全て偽物で悪魔サタンの誘惑であると洗脳されている。異教の者にも大きな愛を示すべきだとは教えられるのだが、そんな人格者が新興宗教団体から育つことはない。歴史を見れば明らか。新興宗教カルトの行き着く先は破滅。

ものみの塔協会の教理では、エホバの証人以外の人々はハルマゲドンという終末の日に全員死ぬことになっている。生き残ったエホバの証人だけで地上をパラダイスに造りかえるというお花畑教義。

エホバの証人たちは、このおとぎ話に惹かれて信者になっている。エホバの証人たちはハルマゲドンを待ちわびているので、エホバの証人以外が全員死ぬ未来を期待していることになる。

つまりは、エホバの証人はエホバの証人でない人の絶滅を祈っている。何とも過激で自己中心的な集団。エホバの証人の組織に愛などない。


“世界の破滅を祈るエホバの証人” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください