自分だけが気持ちいい、特権マスターベーション

エホバの証人の特権マスターベーション

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)から。『欠陥翻訳ー新世界訳』の第6章「特権体質」。昨日の記事に引き続き、エホバの証人(通称JW)の特権崇拝について考察。

本資料ではエホバの証人組織での「特権」というキーワードの使われ方が2つ提示されている。

1.快感神経を刺激するような使い方

2.少々屈折した使い方

1.の快感神経を刺激する特権という言葉の使い方は

「ラッセル兄弟と食事のテーブルを共に囲むという特権に与かりました」のような使い方。本資料には気持ち悪いくらいこの使用例が出てくる。このような言い方が半ば癖のようになっている信者もいると指摘されている。

エホバの証人組織内の重職者と一緒に食事をした、布教活動を行った、一緒に講演した、そういうことが特権だと自慢する使用法。これは、

特権がいかに快感神経を刺激するとは言え、気持ちいいのは言っている本人だけ。周囲にとってはただの自慢だし、信者でない私からすると、気持ち悪っ!どうかしてる。と感じざるを得ない。

現役JW信者の方には、自分だけが気持ちいい特権マスターベーションは是非控えて頂きたい。本資料では、マジメに人物崇拝、特権誇示の危険性を次のように警告している。

特定の人物と特権意識が結びつくとすれば、それは人物崇拝になりかね ない。「教祖様の御顔を拝する光栄に浴しました」というのと、「ものみの塔協会の会長ノア兄弟と交わる特権に与りました」というのは、それほど大きな違いはない

あるいは、そういう言い方をすることによって自分の立場や組織を誇示しているのであれば、真のキリスト教とはまったく無縁の世界

本当は「やりたくない」特権

パターン2.の屈折した『特権』という言葉の使い方。これは業務・労務的な作業を特権と呼び変える使用法。以下に使用例を引用。

「アメリカ全土の兄弟のために雑誌用かばんを縫う特権にあずかりました」 

「神のみことばと王国を宣明するというすばらしい特権をエホバに感謝してい ます」

  • 「兄弟、ゴミの運搬も特権ですから頑張ってください。」
  •  
  • 「皆さん、トイレ掃除は特権です。ぜひ自発奉仕を申し込んでください。」

要は、しょうもないことをやらされて、卑屈になってしまいそうなときに『特権』と言って、自分を慰める使い方。こちらも屈折した自慰行為ですな。

もしくは、自分がやりたくないことを下の立場の人間にやらせるときに、『特権』といって押し付ける使い方。

この資料で興味深かったのは、布教活動という世界的業に与かることを、エホバの証人は『特権』と捉えているという指摘。これはその通りなのだが、その伝道奉仕活動と同列に、王国会館のトイレ掃除やゴミ運搬が『特権』として並べられていること。

現役エホバの証人の人はよく考えて欲しい。相手に嫌がられ、鬱陶しがられる、めんどくさい布教活動が本当に『特権』なのか?トイレ掃除と別に変わらない、本当は「やりたくないこと」ではないのか?だったらやめればいい。


“自分だけが気持ちいい、特権マスターベーション” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください