『解毒』~エホバの証人二世の長い戦い

エホバの証人の洗脳が解けた女性の書いた『解毒』

元エホバの証人二世の女性が書いた『解毒』。洗脳が解ける瞬間が鮮やかに描かれている。現役のエホバの証人の方が読むなら電子書籍がおすすめ。

 

 

私は初めて「エホバ」という存在の異様さを痛感した。それは、三十三年間、一度も感じたことの無い、新しい感覚と意識だった。まるで麻酔から覚めた時のように、私には「痛いこと」を「痛い」と感じる機能が存在していた。

この本の作者は、友人の信者の死がきっかけで洗脳が解除された。作者は排斥処分というエホバの証人的村八分になっており、死の床にある友人に会えなかった。そのまま友人は亡くなる。

友人との不条理な別れを嘆いているときに、この状態を生む神が果たして「愛の神」なのか?と考える。そして、エホバとは「愛のない神」であり、つまりは存在しないのだと気付いたのである。

組織の掟によって、親友の死に際にも会わせて貰えないという壮絶な経験。作者は「底つき体験」と書いているが、これが作者の洗脳を解くカギになった。

そして、同じ苦しみを味わい、先に旅立っていった数多のエホバの証人二世の「戦友」のために、自身の生存者としての責任を果たそうと決意する。だが、これで終わりではなかった。

マインドコントロールが解けても続くエホバの証人の戦い

作者は、洗脳が解けても組織を完全に抜けられなかった。作中で「認知の歪み」と書かれている本人の問題。家族がエホバの証人であり、エホバの証人組織の人間関係に依存していることが原因である。

この原因をも超えるきっかけになったのは、東日本大震災。帰宅困難者で混む通勤電車に乗ってエホバの証人の集会に向かうときに、作者は自分を情けなく感じた。「こんな時にエホバの証人の集会に行く理由がない」と感じたのだ。

親友の死とか未曾有の大災害などが作者の転換点になっている。作者の洗脳は相当に深かった。

私の場合は、生まれてから14年間の戦いだった。比較的傷は浅いと言える。私は洗脳が解ける前にエホバの証人を辞めた。中学生にして人生の本質を悟ったからである。

洗脳を解く前にエホバの証人を辞めた中学生

中学生の私は、エホバの証人としての活動を両親に強制されながらもサッカーに熱中していた。その時に気づいたのである。ボールを蹴る瞬間だけが人生の全てだと。一瞬の輝きだけが人生の成果だと。

この時にエホバの証人を辞めようと決断した。辞めなければならないと思った。エホバの証人を続けて永遠の命を得ても意味がない。つまらないエホバの証人だらけのくそ真面目な楽園はパラダイスでなく、私にとっては永遠の地獄だった。

人生は儚く、一瞬であるからこそ意味があり輝く。ボールを蹴り続けて、ハルマゲドンで潔く死ぬべし。

まだ中学生だった私にとって、両親を裏切ることになるのだけが心残りだった。「もう集会に行かない」と両親に告げるのに一年近くかかった。この間ずっと苦しみ続けることになる。

元エホバの証人二世のマインドコントロールが解ける瞬間

洗脳が解けたのはその後、7~8年後。エホバの証人を辞める直接の原因になったサッカーもやめてしまった頃。「ハルマゲドンってまだかよ」と思って、ネットで「油そそがれた残りの者」について調べた時である。

出てきたのはものみの塔協会の不義の数々。ネットの情報なので話半分だとしても、私のマインドコントロールが解けるのに十分だった。ものみの塔協会は大ウソつきで、それを信者に隠すために情報統制を敷いている

こう気付いて、私の中の全ての点がつながる。今まで感じていたものみの塔協会の教義に対する疑問やエホバの証人があまりにも醜く愚かに見えた理由。

エホバの証人は、特別に愚かで劣等感を抱えている人間の集団だったから。自分も含めてエホバの証人全員が見事にものみの塔協会に騙されていたのだ。

エホバの証人二世の自分探し

エホバの証人二世の戦いは長い。①洗脳が解けること、②組織を去ること、その二つを果たすだけでも、多額の代償を強いられる。この後でようやく、自分を探さなければならない。

抑えつけられてきた子どもの頃の自分から自由になり、本来の自分が何であるかを考えなければならない。これは、体罰と洗脳で組織や親に依存するしかなかった子ども時代を過ごしたエホバの証人二世には重い課題。

私はエホバの証人を辞めてから、8年で洗脳が解けた。洗脳が解けて、「ハルマゲドンは来ないし、エホバはいない」と確信した。ここから、私の場合は社会復帰までさらに8年かかった。

この8年間は、ギャンブル、アルコール、喫煙、さまざまなものに依存し、やっと自立することが出来た。この間、家族や社会にも迷惑をかけ続けた。

もっとストレートにエホバの証人二世たちが社会に羽ばたけないだろうかと思う。このために、私はこのブログを発信し続けている。

エホバの証人の人たちが気付くべきことは、自分自身が貴重な存在であるということ。そして、その貴重な自分の時間はもっと丁重に扱うべきもの。下らない日常を送っている場合ではない。ましてやものみの塔協会のために使うなど論外。

エホバの証人2世のマインドコントロールが解ける瞬間


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください