贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ

危険な洗脳状態のエホバの証人が数百万人も存在する

エホバの証人の組織構造はピラミッド構造になっている。最上位に位置しているのが統治体と呼ばれる集団。ものみの塔協会の全権を掌握し、下部構造から吸い上げる寄付金と信者たちの奉仕活動で贅沢に暮らしている老人たち。

つまりは統治体こそがものみの塔協会というカルトの悪の権化

エホバの証人が崇拝する統治体とは

エホバの証人の信者たちはものみの塔協会の言うことには絶対服従である。国家の法や家族関係よりも、ものみの塔協会の戒律や通達に忠実である。

統治体は、そのピラミッド構造の最上位に位置している。この統治体メンバーがトチ狂ったことを言いだしたら、数百万人のエホバの証人は暴走する。この仕組みはオウム真理教とかと全く同じ、エホバの証人は危険な新興宗教と全く変わらない。

子どもへの体罰や児童性虐待の組織ぐるみの隠蔽、輸血拒否による殺人、子供への信条やボランティア活動の強制など、エホバの証人は相当に酷い集団ではある。

だが一方でものみの塔協会は、良心に従い、模範的な市民であるようにとも信者に通達している。暴力を憎み、国家や上位の権威には、ものみの塔協会の掟に抵触しない限りは従うよう諭されている。

この辺が巧妙で、エホバの証人信者たちは特殊な信条を持ちつつも、一般社会に溶け込んでしまっている。信者一人一人を見れば人畜無害で、エホバの証人は危険なカルト集団ではないというイメージ抱きやすい。

だがこれは違う。統治体を筆頭とする組織に絶対服従のエホバの証人が数百万人も全世界に存在するのである。エホバの証人は激しく洗脳されており、「組織の言うことは絶対!」という暴走集団。統治体を武装を始めろと言えば、武器を持ち、迷いなく公官庁を攻撃する。

エホバの証人の統治体のメンバーが君臨し続けられる理由

統治体と言われる上層部を崇拝している末端の洗脳信者は簡単に言いなりになる。エホバの証人組織に自浄作用はない。上層部に楯突く信者は、本人の言い分が正しい正しくないに関わらず背教者、異端者として処分されてしまう。

楯突くまで行かずとも組織の方針に疑問を口にする行為も同様。厳重注意を受け、それが続けば組織から追い出される。組織の言うことが全て、組織の出版物が全て正しいというのがエホバの証人の教義。

異端分子は追い出され、統治体にとって統治しやすい組織が維持され続ける。

組織から追い出された人は排斥者と呼ばれる。信者たちは排斥者になるのが怖くて、エホバの証人の掟や組織の通達に忠実に従う。排斥されるとエホバの証人の中での人間関係は終了するからだ。

排斥者はエホバの証人的村八分になり、街であっても無視される。子どもの頃からの生粋のエホバの証人二世などは、エホバの証人組織外に人間関係を持たない。「組織外の人間とは付き合うな」というのがものみの塔協会の方針だから。

幼馴染も恋人も家族も全員がエホバの証人。それ以外の人間とつき合ったことがない。そうなると排斥処分は恐ろしい。いざ排斥になると、本人にとっては、いきなり見知らぬ国に体ひとつで瞬間移動するような感じ。

(実際はそこまで酷くはない。日本語だって通じるし、仕事だって元の仕事を絶対に続けられる。いきなり無収入にはならない)

この排斥が怖いがゆえに、信者たちはエホバの証人組織の掟に忠実であり、いつの間にか、ものみの塔協会という組織や統治体という老人集団の言いなりになる。これが組織崇拝、ものみの塔崇拝という偶像崇拝

統治体の成員を追放せよ

このままエホバの証人組織を放置するのは危険極まりない。統治体の成員は高齢でそろそろボケ始める。自分の命惜しさにどんな暴走を始めるか分からない。権力欲におぼれた老人たち。数百万人のエホバの証人を使って国家転覆など計りかねない。

通常の権力者は選挙や監査などで権力の集中を抑止されている。エホバの証人の統治体にはそれがない。危険すぎるカルト集団のトップに、贅沢三昧の老人が独裁君臨しているのだ。

この老人どもを組織から追い出し、「ハルマゲドンは絶対来ません。すべて冗談でした」宣言を出してものみの塔協会ごと解体、貯め込んだ資産を信者や元信者の救済に充てる。

統治体を始めとする幹部には生活能力はないだろうから、まとめて質素な施設に送り込む。そこで単純労働でもさせながら社会復帰の機会を与える。そして、ものみの塔資産のほぼ全てを現信者や申し出のあった元信者に分配。

これでエホバの証人の存在しない世界が到来する。すっきりする。これを見本にして他のカルトも内部崩壊、自浄されるという美しい未来を我々で描こう。


“贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください