ものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から学ぶ人生の意義

ものみの塔協会二代目会長ラザフォードは飲む打つ買うの三拍子揃った人間

ネットでダウンロードできるJW解約資料。第三弾『組織とスキャンダル』より、ものみの塔協会二代目会長ラザフォードのスキャンダルについて。

ものみの塔協会は、かつてベツ・サリムという建物を所有していた。これはものみの塔協会の二代目会長ラザフォードが購入させた豪邸。

当時のものみの塔協会の預言では1925年にアブラハム、イサク、ヤコブ、モーセたちの聖人が復活することになっていて、この豪邸に皆で住む計画だったそうな。

大の大人が復活した聖人と一緒に住むと考えていたとは思い難いので、おそらくこじつけで自分の豪邸としてラザフォードが購入させたものと思われる。聖人からの信託を受けての名義登録としているとのことで税金対策だろうか。

かつての聖人と一緒に住むとかキツよね。そんなうるさいオッサンだらけの空間願い下げということで、ラザフォードは豪邸で酒を浴びる生活だったらしい。酒池肉林の生活かどうかは不明だが、この資料ではラザフォードが

主の晩餐の記念式の前の晩、二人の長老を引き連れてヌード・ショーを見にいった

と書かれている。ものみの塔協会二代目会長ラザフォードは酒好き、女好きだったらしい。二代目会長の座は選挙で射止め、会長就任の際の内紛にも勝利、敵対者を組織から追い出した。イチかバチかの博打にも強い。

二代目会長ラザフォードは、飲む打つ買うの三拍子そろったお人だったようで。

酒池肉林生活のものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から得る人生の教訓

この資料によるとラザフォードの住居はニューヨークのアパートで、

これは当時の財閥の幹部が住むのに相当する豪華なもの

だった。また、ものみの塔協会の資金でスタテン島に第二の住居、別荘、ロンドン、ドイツにも住居があったという。前述のベト・サリムを含め多数の豪邸を保有。また、平均の車の15倍の値段のキャデラックを2台も所有していた。

カナダのエホバの証人に命令して酒を貢がせたり、大量の酒は無論、ものみの塔協会の資金で購入。ものみの塔協会の権力を独占しやりたい放題。

二代目会長ラザフォードは、世界中のエホバの証人を騙して搾取して、酒池肉林の贅沢三昧。完全な勝ち組に見えるのだが、実際の人生はそうでもなかった。

ラザフォードは妻とは別居していたし、一人息子はエホバの証人活動に興味を示さなかった。また、「禁酒法をサタンの企て」と批判するほどの酒好きが高じてアルコール中毒を患っていた。

人生の成果は目に見える富や成功だけではないということが、二代目会長ラザフォードの生涯から伺える。

おっとと・・・そんなことはものみの塔協会の出版物に繰り返し繰り返し書いてありますな。

エホバの証人がいとも簡単に人生の真理にたどり着く方法

贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ


“ものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から学ぶ人生の意義” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください