ものみの塔の聖所での粗相と聖書弄び、恥ずかしワード「英米世界強国」

ものみの塔協会初代会長ラッセル君の粗相

最近読んでいるエホバの証人 – STOPOVER(途中下車)。『ものみの塔の終焉』より8章「いいかげんな預言の解釈」

本資料の内容が古く、ものみの塔の予言解釈が改訂がされた部分もあるし、そもそも「そんな予言解釈していない」と闇に葬り去られている所もある。

読んでいて感じるのは、本当にものみの塔の予言解釈が「いいかげん」であるということ。ギャグ。笑い飛ばして終いにしたいが、この予言解釈で人生を大きく損ねた信者が多数いる。

聖書に書いてある

「3時半の間、聖なる民の力を打ち砕く」という記述が

ものみの塔の二代目会長ラザフォードの逮捕で成就したとされている。

3時半が終われば、ハルマゲドンやら復活やら、何もかもの預言が成就しないといけないのに、当然そんなことは起こっちゃいない。

そもそも二代目ラザフォードが聖なる民って。こいつはただのアル中だろ。ものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から学ぶ人生の意義

「2300日の間、聖所を汚す」という聖書預言。

これは、「ものみの塔幹部が投票で選ばれた時期を指していた」と解釈。

エホバの証人は投票禁止だから、聖所が汚されちゃったと。しかし、「投票で決めようぜ」って言い出したのは誰か?初代会長のラッセル君なんですが。ラッセル君が自分で粗相しただけ。

こんないい加減な予言解釈をしているのがものみの塔協会。

恥ずかしワード「英米世界強国」

本資料を読んでいて出てきたワード「英米世界強国」!

出た!「英米世界強国」

子どもの頃、現在の世界の覇者であるとして、ものみの塔の宗教本に出ていたワード「英米世界強国」。聞いていて恥ずかしくなるな・・・。

今でも「英米世界強国」とか言っているのか不明だが、これは西側陣営とかNATO同盟国のことでしたと、ゴマかしているのだろうか?

じゃあ中国どこ行った?インドも伸びてきそうだけど、その辺を予測して予言解釈しないと、またまた「英米世界強国」みたいな恥ずかしワードを後世に残すことになる。

ものみの塔は、予言の解釈が違っていても、その都度正されて光の方向に導かれるという体裁なのだが、これはちょっとやそっと解釈が違ったのレベルではない。

本資料でも指摘されているが、根本の組織論と1914年が間違っているため、枝葉の予言が当たる訳がない。

1914年=この時代でない

組織=ものみの塔がホンモノでない

これに尽きる。今が聖書に予言された年代でなければ、聖書予言は実現しようがない。(聖書予言がいつか実現するとも私は思わないが・・・聖書はギャグまたは汚書である

また、聖書予言の適用先がそもそもキリスト教界なのか?という問題がある。時代も場所も違う予言を、無理やりに現在に当てはめ、おこがましくも「ものみの塔協会」に聖書予言が成就するとこじつけている。

聖書の弄び。聖書がなんぼのもんじゃという立場の私にとっては、どうでも良いのだが、聖書第一を訴えるエホバの証人にとっては大問題ですよね。ものみの塔の聖書弄び。

おやおや、もしかして聖所を汚しているのは「ものみの塔協会」なのではないですか。


“ものみの塔の聖所での粗相と聖書弄び、恥ずかしワード「英米世界強国」” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください