『ものみの塔の終焉』1975年狂想曲

闇に葬られている1975年のものみの塔預言

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)から。『ものみの塔の終焉』9章「1975年狂想曲」

ものみの塔協会が、ハルマゲドンの特定の年を指定して物議をかもしたのは、1975年が最初ではない。大きな騒動となった年としては、1975年の他にも1914年と1925年がある。

新しいエホバの証人は、1914年はラッセルの預言の外れた年ではなく、聖書預言が劇的に成就した年だと信じている。

ほとんどの人は、外れたといって騒いだのは背教者だぐらいにしか思っていない。1925年について知っている人はたぶんいない

次第に、1975年も1925年の仲間入りをしそうになっている。時の経過と共に、1975年の出来事を知らないエホバの証人が増えているからである。ただ、1975年には、1925年と比較すると人類創造の6000年という教義上の意義があるので、簡単に消えてしまうことはないと思うが、ものみの塔協会がうやむやにしてしまう可能性は強い。

筆者の指摘通り。1980~1990年代をエホバの証人として過ごすことを強制された私の理解では、「1975年にハルマゲドンが~」と言っているのはものみの塔的罪人・背教者扱いだった。

人類創造6000年というのも無かったことになっていたかも知れない。(私はマジメなエホバの証人二世でなかったので、不勉強なだけかも知れないが・・・ただ「ものみの塔」なんて読むだけで害があるので、これはこれで良かった)

ものみの塔協会が名を連ねる偽預言者の系譜

偽預言者の終末ビジネスが成り立つ理由

アダムの童貞期間、長いな

以下、1975年の預言ハズレ時のものみの塔の言い訳。

エホバの証人の出版物は、聖書の年代記述から考えて人間存在の満6,000年は1970年代の半ばに終わるということを示してきました。しかし、それらの出版物は、その時に終わりが来るとは一度も述べていません。

(1975年1/1号p.27)

すげー詭弁。6000年経ったら、7000年目の千年統治の楽園になるって言ってたんだから、終わりが来るって言っているのと同義なんだが。千年統治のパラダイスの前にハルマゲドンなんでしょ。

苦しい言い訳は続く。

アダムが造られてから、動物に名前をつけること、女の創造などの出来事があったので、1975年にはハルマゲドンはありません、その期間のことが聖書には記されていないので、終わりを推測することは不可能

私たちは今、アダム創造から罪が入るまでのエポックにいることになる。

苦しい、苦しいなー。現在、2022年だとアダム創造から既に50年弱。50年かけて、動物に名前つけてたのか?暇かよ。まだ嫁さん造られていないとなると、動物に囲まれて、未だに童貞・・・

筆者はものみの塔の態度を以下のように書いている。

正直に真実を認め、謙遜に間違いや過ちを改めることなど、とうてい期待できない

そろそろまずいなというころになると予防線を張り、都合の悪いときはひたすら沈黙、徐々に責任転嫁を計り、もう大丈夫だということがわかると開き直る。

1975年に大学進学を諦め、結婚出産を諦め、仕事を辞め、保険を解約し、そんな信者が多数。

ガチで予想し、預言をハズして「あちゃー」とかでも、ものみの塔は信者に多大な迷惑をかけている。それどころか、ヤバそうだと思ったら保険うっておいて、責任なすりつけからの開き直り。これがものみの塔の体質。

そもそも、「ハルマゲドン来る来る」は信者を増やすための戦略だから。人類6000年とかもその味付け。そんなの引っかかっちゃダメだから。かつてそんなお馬鹿なことを言っていた組織。今は改善されている?その根拠は?そんなはずないって。

1975年のために将来を投げ打った人々は、既に高齢者、もしくはこの世を去っている。人生を圧倒的にムダにした。現役信者の人は同じ轍を踏みますか?


“『ものみの塔の終焉』1975年狂想曲” への3件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください