『ドアの向こうのカルト』エホバの証人のエネルギーは有害な活動に使われている

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世が書いた脱会本。本人の洗脳が解けた後、周囲の解約に向けて動く。その経過で作者が気づいた事実が記載されている。

神や目に見えない存在をどう感じて信じるかは、完全にその人の主観による

薬のプラシーボ効果のように、その人がそう信じればそれは現実にも影響を与える

人は見たいものを見て、信じたいものを信じる。エホバの証人たちが大会などで語る経験談や、宗教本に載っている素晴らしい話も全部、本人たちの思い込みによるもの。

エホバの証人はカルト集団であり、そこに属する限り心身は蝕まれ、経済的にも困窮する。ものみの塔協会がぶら下げている復活とか永遠の命というニンジンも全部ウソなので、エホバの証人でいることに一切メリットはない。

エホバの証人であることは、家族・親類や近所の人に迷惑をかけ、ろくに働きもしないので社会的にも害をまき散らすことになる。

ちょっと冷静に考えれば分かるのに、それが出来ないのは激しい洗脳により、本人がものみの塔を信じ切っているから。

それにより、本人が見たい幻想を作り出している。エホバの証人でいるとこんなに素敵なことがあるんだわとなってしまう。カルトに属することで素敵なことなど一切起こるわけがないのだ。

エネルギーの向け先を変えるべきエホバの証人

日々、有害なものみの塔協会の出版物を読み漁り、王国会館で心身を病んだ人にもまれることで、真実を見失い、自身の中に架空の出来事をデッチ上げてしまう。自分にとって気持ちのいい出来事。安易で心地いい出来事。

それが増幅されると奇跡体験になってしまう。エホバの証人が語る奇跡体験は、全て自分でつくり上げた体験に過ぎない。

阪神・淡路大震災にまつわるエホバの証人の都市伝説

エホバの証人の老婆の悲しい妄想~油注がれちゃったという勘違い

人は意識を向けたところにエネルギーを注ぐ。そしてエネルギーは密度が濃くなると、疑似的に実体化する

人間のエネルギーは無限。それこそ、人のエネルギーの中に神が宿る。そのエネルギーをものみの塔協会の思うままに操られているのがエホバの証人。その悪いエネルギーにより都合の良い幻想が創り出されている。

まずは、そのエネルギーを脱会・脱塔に使おう。そして、自分がエホバの証人としてまき散らした有害な種を刈り取ることに使おう。そうすれば、人生は今すぐにでもやり直せる。

悔い改めてエホバの証人を辞めるのに、遅すぎることなどないが、早いのに越したことはない。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください