阪神・淡路大震災にまつわるエホバの証人の都市伝説

エホバの証人の阪神・淡路大震災における奇跡体験

エホバの証人社会には、まことしやかに流れる奇跡体験の噂がある。私の子供の頃、阪神・淡路大震災が起こった。その震災の奇跡体験にまつわるエホバの証人の都市伝説。

被災したとあるエホバの証人の家が崩れてしまった。その家のエホバの証人信者たちは、何とか屋根の上に逃げたのだが、逆に屋根から降りられなくなって困り果てていた。

すると、ズシンズシンと巨人が歩いてやって来る。進撃の巨人の一番小さいサイズくらいのやつ。その巨人は、屋根の上で孤立していたエホバの証人たちを抱きかかえて安全な場所に避難させてくれたという話。

当時、この話を喜んでエホバの証人たちは大人も子供も言いふらしていた。エホバの証人たちは巨人=み使い(天使)が助けに来たと思っている。正しいエホバの証人であれば、困ったときにエホバが助けてくれるのだということ。

いやいや、突っ込みどころ満載のエホバの証人都市伝説。

エホバの証人の阪神・淡路大震災での奇跡体験はあり得ない都市伝説

このエホバの証人の奇跡体験は単なる都市伝説。噂に尾ひれがついて誇張&拡大されただけ。運よく消防隊員が誰かが来ただけ。たまたま背が高くて男前な消防隊員だったとかそんなだろう。

この都市伝説には突っ込みどころ満載。

  1. この地震で死んだエホバの証人もいるけど、み使いが助けに来るパターンと来ないパターンの違いは?
  2. み使いが助けに来るのは良いけど、それって心霊現象では?心霊映画の霊降臨と何か違うの?(エホバの証人は心霊映画全般一切禁止)それは本当にいいみ使い?サタン系の悪霊でない証拠は?
  3. 地震で屋根に逃げるっておかしくね?家崩れてうまいこと屋根に上れるか?逆に昇れたのなら降りられるっしょ。家がせり上がっていって降りられなくなるというのは物理的にあり得ない。陥没して低くなるのは解せるので、その場合は屋根らから降りやすくなる。

エホバの証人たちがこんな都市伝説を広げたがるのは、完全にものみの塔の洗脳下にあるため。良いことはエホバ、悪いことはサタンだと決めつける思考状態にあるから。

そして、自分たちエホバの証人だけは神の是認を得て祝福されるんだ。ハルマゲドンを生き残るんだというエホバの証人至上主義の利己的な態度の表れ。エホバの証人は、エホバの証人だけが助かれば良いと考えている。

エホバの証人が都市伝説を広めるのは進行に対する疑いの表れ

別の視点を加えると、こんな都市伝説を嬉しそうにエホバの証人が語るというのは、自信の無さの表れとも言える。エホバを信じているけど、それでも見える証拠、証しが欲しいという聖書の例え話に出てきそうな欲しがり屋さん

そのため、こんな話が出てくると、「やっぱりエホバはいるんだ。守ってくれるんだ」と、嬉々として噂を広める。この信仰に対する自信の無さが洗脳の揺らぎ、ウィークポイントとなり得る。

結局、エホバの証人は、楽園での永遠の命という人参を追っかけている物質主義者。人参の根拠が欲しい。欲しがりさん。

永遠の命という人参は無価値であり、そもそも永遠の人参すらも存在しないのだと理解させる。すると、元々自信の無い部分、つまりは疑いかけている部分がエホバの証人にっとっては最重要な人参部分なので、洗脳解除に至る。ここを攻めてエホバの証人の洗脳を解く。

永遠の命ってサムイですよ~。エホバの証人だらけの自然だらけの地球ってくっそ暇ですよ~。そもそも永遠の命なんてウソですよ~。

エホバの証人たちの奇跡体験は全部勘違い

1914年の嘘と1995年の冗談


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください