ものみの塔協会、1914年の嘘と1995年の冗談

ものみの塔協会、1914年の嘘

ハルマゲドンとはこの世の終わりを神エホバがもたらすというものみの塔協会最大の嘘である。この最終戦争の後で、地上は永遠の楽園”千年王国”になるというファンタジー。

究極なおふざけなのだが、全世界のエホバの証人信者は、この楽園というぶら下げ人参を疑うことなく信じている。

このハルマゲドンの教義は1995年に決定的に変更された。もうすぐハルマゲドンは来るのだが、そんなに直近でも無いという意味不明なことになった。嘘に嘘を重ねたということ。エホバの証人は、主要な教義が頻繁に変更される主義主張のいい加減な宗教団体なのだ。

中でも最重要視されているのが1914年の教義。1914年以来イエス・キリストは天で見えない統治を開始した。1914年の世代が死に絶えるまでにハルマゲドンが起こる。という教義。

本来は、終末が来たる年が1914年とされていたのだが、周知の通り、そんなものは来ていない。仕方が無いのでものみの塔協会は1914年の預言を無かったことにした。

1914年は第一次世界大戦が勃発した年で、それはキリストの再臨の証しであると変更され、現在のエホバの証人的には預言的中ということになっている。ものみの塔協会によって話がすり替えられてしまった。

キリストの再臨の象徴が世界大戦の勃発とは何とも突拍子も無い話だが、もっか洗脳状態のエホバの証人にはそんな理屈は通用しない。

これが1914年の嘘。

  1. 1914年に最終戦争が起こると言い続けていたが、それは無かったことにした
  2. 1914年にキリストの再臨を予言していた
  3. 1914年に第一次世界大戦が勃発し、それをキリストの再臨とこじつけた

ものみの塔協会、1995年の冗談

もともとは1914年がハルマゲドンの起こる年だったのだが、それをキリストが再臨し天で見えない統治を開始したという設定にものみの塔協会は変更。そして1914年の世代が生きている間にハルマゲドンが起こるということにした。

こうして1914年が無難に過ぎ去った後で、ハルマゲドンの勃発時期が暫定的に延長された。そして時が流れ、21世紀間近となった1995年に終末の到来時期を再延長せざるを得なくなった。

バカだよね。その場しのぎで1914年を乗り切るから、こんなことになる訳だ。

1914年の世代が全て死ぬとなると、どんなに長生きした1914年生まれの人がいたとしても、21世紀初頭にはハルマゲドンが来ないと預言大ハズレということになる。

この矛盾を解消するためにものみの塔協会は1995年に預言を改訂。これが1995年の冗談。

  • 1914年を含む時代背景に関連した世代が死に絶えるまでにハルマゲドンが起こる

と終末期限を再延長。よく分からない表現だが、とにかく冗談も大概にせいというところ。ものみの塔協会ってこんないい加減な組織。

1914年を含む時代背景という雰囲気的な預言になったので、ほぼ無期限にハルマゲドンの勃発時期が延期できることになった。1914年以来同一の時代背景となると、見方次第では今でも1914年以来ずっと同じ時代ということになるかも知れない。もはや気持ちの問題。

この冗談みたいな預言を現在でも信じているエホバの証人が存在する。流石にものみの塔協会もこれ以上の延長はみっともないと気付いたのか、捉え方次第で何処までも延長できるフレキシブルな預言になった。

1914年の段階で、ハルマゲドン暫定延長でなく、未来永劫の延長にしておけばよかったものを。

冗談じみた雰囲気的なハルマゲドン預言など信憑性ゼロ。我々が生きている間にはハルマゲドンは来ない。例え、この世界の終わりが来るとしても、ものみの塔協会の預言通りのハルマゲドンは起こらない。

こうして終末のハルマゲドンは

  1. 1914年
  2. 1914年に生きていた人が全員死ぬまで
  3. 1914年的な雰囲気のある時代に生きていた人が全員死ぬまで(無期限)

とキャバクラ的に延長されたのである。

その頃のハルマゲドンに怯えて生きていた私の話はこちら


“ものみの塔協会、1914年の嘘と1995年の冗談” への12件の返信

  1. はじめまして。フェイドアウトした2世です。
    管理人さんと同じ世代だと思います。

    1914年の出来事を、当時はっきりと認識できた世代の人々の
    心身が衰える前にハルマゲドンがやってくる。
    私もそう教えられました。
    ふと、この内容、今はどう扱われてるんだろ?「新しい光」云々で
    よろしくやってるのは想像つくんだけど・・・と検索し、こちらの
    記事に辿り着きました。

    >キャバクラ的に延長されたのである
    笑えました・・・。笑えましたけど、私の楽しかったはずの学生生活、人生、全部返せって感じです。

    >1914年的な雰囲気のある時代に生きていた人
    もう、突っ込む気力も削がれるというか、それが狙いなのか・・・。

    想像以上の光度に驚愕しました。
    また当時を懐かしみながら読ませていただきます。
    ありがとうございました。

    1. 1914年だとか14万4000人の残りの者だとか、格好いいフレーズを使っているので、やめた後でも記憶に残っちゃうんですよね。深く心に刻み込まれたというのもあるとは思いますが。何もかもエホバの証人にまつわることは忘れられたら良いのですが、そうはいかないので被害者の一人として責任というか、せめてもの一矢というか、これを書いています。返信遅くなりすみませんでした。コメントありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください