万能の神エホバのせこい限界、14万4000人の創作教理

14万4001人目のニューフェイス

エホバの証人には14万4000人の特殊な教理がある。油注がれた人々が天に昇りキリストと共に地上を統治する。その人数が14万4000人。この油注がれた人々は忠実で思慮深い奴隷、天的級などと呼ばれている。
※2023年追記、ここら辺の呼称の設定は2013年7月に変更されている。もともと嘘なのでどうでもいいのだが。

この昇天組以外のエホバの証人は、ハルマゲドンの後に地上の楽園で永遠の命を享受することになっており、天へ昇ることはない。ハルマゲドンとはエホバの証人の唱える終末のこと。

楽園、永遠、昇天、ハルマゲドン。エホバの証人の奇想天外トンデモ教義。

昇天組を14万4000人ちょうどに選別するという行為は、とても神の業ではない。エホバの証人の教理だと14万4000人目と14万4001人目の境界線がキッチリ存在する。神への愛や有能さなど、個々人の美点を測って採点しているのだろうか。そんなバカバカしい。

天に昇るこのクラスの人でも反逆することがあるらしく、造反組の代わりに新しく選別される人も出てくる。この新顔は次席で待っていたことになる。14万4001人目の人材。

人と人を比較して、順位を付けて採点するというのは人間社会の行い。合格人数を決めざるを得ない、入学試験や入社試験でしかありえないことだろう。

※2023年追記。この反逆者の存在がいい加減に辻褄が合わなくなってきている。反逆者多すぎ、というくらいにニューフェイスが現れているから。そのため、14万4000人が、いまだに集まりきっていなかったという設定に教理が変更されたとか、しないとか。

ものみの塔協会、1914年の嘘と1995年の冗談

天には届かない、エホバの証人の祈り

かなり、せこいエホバ

自分の子どもたちを比べて、どちらが優っていると決めることが出来るだろうか。優れている方の子どもは親と同じ部屋で眠り、親への愛が足りない方は子ども部屋で眠りなさい。そんなことになるか?果たしてこれが褒められた行為だろうか。

親と同じ寝室には子ども用のベッドが1台しか入らない?ならば何らかの工夫をして、できるだけ子どもたちに平等にするのが、親の最低限の愛情。天のキリストの隣にも座席に限りがある?ならば余裕を持って座席を設置すべきだった。

そもそも、万能の神にそんな落ち度があったのかという話。むしろ万能の神なら人数制限など必要ない。天で統治する適性がある者は、次から次へと天に上げれば良い。それとも天国にも人数制限があるの?

これでは万能の神とは言え、わりと狭い限界が見えてくる。

人間社会ですら何らかの試験であっても同点のため両者合格、増枠となることもある。人間の本質を測るという難題において、最後の1人を決めることなどできやしない。

神に不可能は無いと言われればそれまでだが、全能の神の能力が、そんなせこい細かい行為に使われているのは、それはそれでサムすぎる。

これは神が決めたことで、人間が口をはさむべきはないとエホバの証人の反論がありそうだが、そもそもこの14万4000人の話は人間が決めたこと。だからこうも堅苦しい人間ルールが決められている。

きっちり人数を把握して順番をつけてというのは、そこまでの能力しかない人間の行い。エホバの証人の14万4000人の教理は人間によって考え出された創作。

「14万4000人の残りの者です」と、エホバの証人の頂点でふんぞり返りたい統治体の権威づけのための教理。

天的級の人数をきっちりと14万4000人と決めてしまうのが、何事にも限界のある人間の考え方。無限の神にそんな枠組みなど必要ない。14万4000人の教理は、入社試験と同じレベルの発想しかない、人間の創作教理。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください