1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世

エホバの証人が恐れるハルマゲドンとは

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。そして14歳になる年にエホバの証人をやめると決断する。私がエホバの証人をやめた年が1994年で、翌1995年にものみの塔協会は教義を大きく変更する。簡単に言うとハルマゲドンまでのカウントダウンが延長されたのだった。

ハルマゲドンというのは最終戦争とも言われる、この世の終わりのこと。この世の事物の体制に対して、神エホバの怒りの鉄槌が下り、世界が一掃され、エホバの証人たちだけが生き残る。その後で地上の楽園での果実をエホバの証人だけが享受するというストーリー。

エホバの証人たちは地上の楽園で完全な体に変化し、永遠に生きるという設定。また、ハルマゲドン以前に死んだ忠実なエホバの証人たち全員が復活し、共に永遠に生きることにもなっている。

神エホバに心から献身し、感謝し、畏敬の念を抱き、全てを無償で捧げているという純粋なクリスチャンはエホバの証人の中には全く存在しない。単純にハルマゲドンへの恐怖と、その後の楽園での永遠の命という人参をぶら下げられて、不毛な勧誘活動に打ち込んでいるだけ。

ものみの塔協会によるハルマゲドンのカウントダウンが延長された1995年

エホバの証人たちにその人参が与えられるのは、もうあと数年のうちだとされてきた。明日にでもその最終戦争が勃発するとエホバの証人信者たちはものみの塔協会によって教えられてきた。

しかし、ものみの塔協会が定めた終末の刻限が来てしまいそうになったのが1995年。さすがに終わりの日の教義の信憑性を保つ限界が来たと、ものみの塔協会が教義の変更を決めた。

1914年から80年以内にハルマゲドンが来るとものみの塔協会は宣言していた。1914年から一世代という表現。ギネス記録だと110歳くらいまで生きるので2025年くらいまで引っ張れそうだが、一世代なので平均寿命をあてて80年くらいと考えるのが適切。

その80年が経過した1995年、ものみの塔協会によってハルマゲドンの起こる期限が緩やかに延長された。それでも終わりの日は近く、もうまもなくという設定にはなっている。

今度は何だっけ?確か1914年の時代背景に関連した世代が死に絶えるまでにハルマゲドンが来ることにしたんだったか。そりゃ間もなくですな。というかもう全員死んでないか?大正時代の時代背景って何?リバイバル?はいからさん?大正景気に関連した世代なんてもういないっしょ。

※2021年加筆

実は2010年頃にも預言訂正があり、現在のエホバの証人は生きてハルマゲドンを目にすることがない設定になっている。現在は復活の希望にすがっているらしい。延長しすぎじゃね?結局、無限に延長するんでしょ。

あと日本のエホバの証人は復活しませんよ。初代ものみの塔協会会長ラッセルの墓や米国の宣教者の納骨堂が千葉の大会ホールにあるのは復活を見越して。日本のエホバの証人は火葬なので復活しません。

(嘘、米国人も日本人も復活なんかしないって・・・ゾンビかよ)

墓がない日本のエホバの証人は復活しない

預言の訂正・後出し常習犯のものみの塔協会

このハルマゲドン延長宣言、1975年が初めてのことではない。ものみの塔協会は常習犯。本来のハルマゲドンは1914年だった。皆さん周知のとおり、ハルマゲドンなど起こらず第一次世界大戦が勃発しただけ。

ものみの塔協会は預言のハズレに懲りず、1914年はキリスト再臨の年だったと予言を訂正。キリストが再臨すると終わりの日が始まるそうな。その証拠に第一次世界大戦が始まった。ものみの塔協会は自身の預言的中と言い始めた。

ハズした預言は封印して、新しくこじつけた預言を事後に出すという荒業。イカサマ師も占い師も競馬の予想屋もビックリの禁じ手なのだが、これが事実。

お次は1975年、ものみの塔協会は、1975年にハルマゲドンが来ると大騒ぎして信者を集めたものの結局何も起こらず、至って平和な一年だった。これをきっかけにエホバの証人をやめたり、預言ハズレを指摘してエホバの証人組織側から排斥される信者が出た。

ものみの塔の預言は信者を増やすための人参なので当たるはずがない。その都度預言ハズレを上手く隠す技術をものみの塔は磨き上げてきた。そのため、信者たちは今回の預言が、きっちり一度っきりの完璧な預言だと思い込んでいる。

私は1995年には完全にエホバの証人をやめて、エホバの証人側の情報をシャットアウトしていたので1995年の預言変更の話を一切知らなかった。何も知らぬ間にノストラダムスの預言の年も、ミレニアムと言われた2000年も過ぎ越して、私は新世紀である21世紀の人となっていた。

それでも私の洗脳は解けないままだった。私は明日にでもハルマゲドンが来るという恐怖心を抱えたままだった。

続きはこちら

1995年の話は『1914年の嘘と1995年の冗談』


“1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください