1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世

ハルマゲドンのカウントダウンが延長された1995

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。そして14歳になる年にエホバの証人をやめると決断することになる。このエホバの証人をやめた年が1994年で翌1995年にものみの塔協会は自身の教義を大きく変更した。簡単に言うとハルマゲドンまでのカウントダウンが延長されたのである。

ハルマゲドンというのは最終戦争とも言われる、この世の終わりのこと。この世の事物の体制に対して神エホバの怒りの鉄槌が下り、世界が一掃され、エホバの証人たちだけが生き残る。その後で地上の楽園での果実を、エホバの証人だけが享受するというストーリーである。

神エホバに心から献身し、感謝し、畏敬の念を抱き、全てを無償で捧げているという純粋なクリスチャンはエホバの証人の中には全く存在しない。単純にハルマゲドンへの恐怖と、その後の楽園での永遠の命という人参をぶら下げられて、あの不毛な勧誘活動に打ち込んでいるのである。

その人参が与えられるのは、もうあと何年かのうちだとされてきた。明日にでもその最終戦争が勃発するとエホバの証人信者たちはものみの塔協会によって教えられてきたのである。しかし、ものみの塔協会が定めた終末の刻限が来てしまいそうになったのが1995年だった。

さすがに終わりの日の教義の信憑性を保つ限界が来たと、ものみの塔協会のトップである統治体が決めたのである。そしてハルマゲドンの起こる期限が緩やかに延長された。それでも終わりの日は近く、もうまもなくということになっている。

私は1995年には完全にエホバの証人をやめて逆にエホバの証人側の情報をシャットアウトしていたのでこの話を一切知らなかった。何も知らぬ間にノストラダムスの預言の年も、ミレニアムと言われた2000年も過ぎ越して、私は新世紀である21世紀の人となっていた。それでも私の洗脳は解けないままだった。私は明日にでもハルマゲドンが来るという恐怖心を抱えたままだったのである。

エホバの証人2世の飽きっぽさ

私がエホバの証人をやめるきっかけとなったのはサッカーだった。そのサッカーに対する情熱もこの頃には冷めてしまっていた。尋常でなくサッカーに集中し、熱中したためにエホバの証人をやめるという決断を下すことが出来た。それほどの情熱だったのに驚くほど簡単に冷めてしまったのだった。

私は子供の頃から集中的に何かをやるということを、エホバの証人の活動以外では続けてこなかった。そのためなのか、私は基本的に飽きっぽい。エホバの証人の活動は両親によって強制されていたので、ある程度の忍耐力は培われている。この忍耐力のおかげで仕事など対価が発生することに対してはひたむきに取り組むことが出来る。

しかし自分で選んでやると決めたことに対する集中力というのは私には欠如している。これは幼い頃から自分で何をするか決断することが許されなかった結果だ。私の行動に当てはめられる基準は、全てものみの塔協会の教義だった。自分では何も選んで来なかったので、エホバの証人をやめた後の私は来るものを拒まなかった。

続きはこちら

1995年の話は『1914年の嘘と1995年の冗談』


“1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください