エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世の作者が書いた絶版本。

 

ものみの塔協会は信者のエホバの証人に対して、占いの一切を禁じている。霊能力者の存在を認めていないからだ。

ものみの塔に限らずキリスト教そのものは霊能者の存在を信じていない。聖書が霊能者は悪霊に憑かれているので殺すべきだと命じているからだ

これは中世の魔女狩りにも発展し、人間の持つ残忍さと排他性を明らかにした。

統治体は、一体どうやって神とイエスから組織に対する指令を受け取るのか。答えは「話し合いと祈りによって聖霊の力を受ける」ことによって

統治体も祈りによって、聖霊の力を受けて、それを具現化しているということ。これってまさに霊能者。

エホバの証人の統治体は悪霊に取り憑かれている

ものみの塔協会そのものは霊能者を認めていないし、彼らを攻撃する。その実、ものみの塔協会を代表する統治体の権威の根源は霊能力にある。祈りによって聖霊に導かれているのだと。

こんな話は嘘で、統治体は、ただの権威欲に取りつかれた老人集団。権威を主張するために、自らは神に選ばれ、聖霊により神の言葉を具現化しているという設定にしている。

それが自分たちが偽りだと攻撃する霊能力者と何が違うというのか?自分たちだけはホンモノだと主張するだろうが、証拠は?預言を外しまくったものみの塔協会がホンモノである証拠なんてない。

どっちかと言えば、ニセモノである。1914年の嘘と1995年の冗談で書いているが、ものみの塔協会は二度も重大預言をハズしている。ハルマゲドンという重大預言を何度もハズしていることから考えると統治体はニセモノ確定。つまりは悪霊に取り憑かれた偽霊能力者。

エホバの証人の統治体が偽霊能力者である二つ目の理由

全世界のエホバの証人は病んでいる。信教の違いで家族が離散したり、組織内での人間関係に心を病み自殺したりと。

信者を正しい方向に導かないだけでなく、病ませるものみの塔協会、その代表である統治体。全世界に猛毒を振りまく災厄集団。やはり統治体は悪霊に導かれているに違いない。でなければ信者のエホバの証人がこんなにも不幸になるはずがない。

結論:エホバの証人の統治体は悪霊にとり憑かれた偽霊能力者である。その根拠は二つ。

  1. 何度も預言をハズしていること。
  2. 信者のエホバの証人たちを不幸にしていること。

エホバの証人は墓参りも禁止の記事はエホバの墓


“エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください