ものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグ

ものみの塔=ニセモノの図式は出版物にオカルト絵が潜んでいることで確定

ものみの塔協会の出版物のそこら中にオカルト的な隠し絵が潜んでいる件、詳しくは前回の『ドアの向こうのカルト』オカルトの隠し絵があるものみの塔出版物より

ものみの塔協会がエホバの証人が信じているような真理の組織であれば、神の霊を受けた聖なる書籍にオカルトシンボルが混じるはずがない。つまりはものみの塔=ニセモノということ。

「ものみの塔=偽物」はオカルトシンボルをエホバの証人たちにサブリミナル的に見せていることで確定なのだが、その目的は何か?今回は理由を3つ考えた。

  1. 悪ふざけ
  2. エホバの証人を病ませたい
  3. エホバの証人に道を踏み外させたい

一つずつ説明する。

ものみの塔協会が悪ふざけでオカルトシンボルを出版物に埋め込んでいる理由

ものみの塔協会が単純に金儲けのためにエホバの証人を騙しているとすると、オカルト隠し絵をサブリミナル的に使う意味はない。この場合に考えられることは単なる悪ふざけ。1の理由。

エホバの証人のお馬鹿さんたち~、自分たちが騙されていることに気付けるかな?隠し絵発見できるかな?という悪ふざけ。あえて金づるを失うことになるかも知れない勝負をする必要もないのでこれは考えにくい。

悪ふざけが過ぎるが、もしかすると、アメリカンジョークか!?

これは組織ぐるみでなくても、挿絵を描いている画家にジョークのセンスの高い信者がいるのかも知れない。世界中のエホバの証人たち~、気づいてくれー。この出版物は神の霊に導かれていませんよー。ギャグですよー。

良心に苛まれた挿絵画家の心の叫びなのかも知れないし、本当にギャグなのかも知れない。

ものみの塔協会はエホバの証人を病ませるために出版物にオカルトシンボルを埋め込んでいる

2の病ませたいというのは、冷戦時代に東側諸国がルービックキューブやテトリスを作って西側諸国の生産性を下げようとしたのに似ている。全世界900万人のエホバの証人をオカルト絵で病ませる。

実際エホバの証人になったばかりに心身を病む人が多いので、病ませたい~という一時目的は充分に成し遂げている。エホバの証人が病んでいるのは人間関係や教義の強制による所もあるので、オカルト絵だけのせいではないが、出版物にあれだけ気味の悪い隠し絵があれば、精神を蝕む一助にはなる

エホバの証人を病ませてどうしたいのか?本来の目的なのだが、全世界900万人のエホバの証人を病ませることで、得をする人物がいるのか?クラスで成績の良い奴の足を引っ張って、1番になりたい~。そんな感じなのか?

続きと3の理由については明日以降。

エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている

コロナでエホバの証人の布教勧誘活動が止まっていることが示すこと


“ものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグ” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください