ものみの塔協会の出版物にオカルトシンボルが潜んでいる3つの理由

ものみの塔出版物にオカルト絵が隠されている3つの目的

ものみの塔協会の出版物のオカルト絵が隠されている件

その目的を3つあげた。なぜものみの塔協会が出版物にオカルトシンボルを隠して喜んでいるのか?しかもその秘密を指摘した信者を排斥し

「誰にもこの資料を見せてはならない」と指示し、オカルトシンボル混入を隠匿し続けようとするのは何故なのかということ。

目的として考えたのは下記の3つ

  1. 悪ふざけ
  2. エホバの証人を病ませたい
  3. エホバの証人に道を踏み外させたい

ものみの塔協会の出版物にオカルトシンボルが隠されている理由を3つ考察してみたのだが、現実的なのは2の「エホバの証人を病ませたい」。

戦争を起こせば軍需産業が儲かるし、人々を病ませて薬漬け・医者通いさせれば医療産業・製薬メーカーが儲かる。詳しくは全世界900万人のエホバの証人は医療業界のモルモット

面白いのは1の「悪ふざけ」。エホバの証人は米国発の宗教だけにアメリカンジョークなのか!?詳しくはものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグ

3の「道を踏み外させたい」は意外とあるのかも。ものみの塔協会が確信犯的にエホバの証人に罪を犯させようとしているということ。詳しくは悪魔サタンと契約しているものみの塔協会

いずれにせよものみの塔協会に騙されているエホバの証人

このケースでは、ものみの塔組織がエホバの証人にオカルトシンボルを崇拝させるという罪をあえて犯させている。その目的は、終末の日に900万人のエホバの証人をまとめて葬り去りたいから。ものみの塔自身が終末を信じて妄想&暴走しているというケース。

この場合、宗教には正・真理・答えはないので、道を踏み外しているのは、騙しているものみの塔側なのか、騙されているエホバの証人側なのか、恐らくどっちも。

しかし、結局は普通にエホバの証人やっている以上は、道を踏み外しているということになる。騙されている以上は道を踏み外しているということ。もちろん、騙しているものみの塔側に救いがあるとは思えない。そもそもハルマゲドン来ないって。

ものみの塔自体が何らかの秘密を握っていて、悪魔と取引していたとしても、それも怖すぎだが、とはいえ人類の意思が霊的なものに圧倒されるとも思えない。不用意に近づかなければ良いだけの話。

これは考えすぎかな。性的児童虐待で訴えられて虐待隠蔽失敗したり、国連NGO入ってたのバレた~やべー脱退だ。ってやってる組織に何らかの霊的加護や霊的能力は無いよね。

やはり、結論は2で決まりか。「ものみの塔協会は全世界900万人のエホバの証人を病ませたい」ので出版物にオカルト隠し絵を載せている。金の亡者のマーケティング戦略。精神薬を売りたきゃ客を病ませろってこと

ものみの塔がオカル塔であろうが、商業主義塔であろうがエホバの証人はどちらにせよ、騙され搾取されている。エホバの証人信者は早く脱塔すべき。


“ものみの塔協会の出版物にオカルトシンボルが潜んでいる3つの理由” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください