全世界900万人のエホバの証人は医療業界のモルモット

ものみの塔協会が仕込んだオカルト画像で心身を蝕まれるエホバの証人たち

ものみの塔協会の出版物の挿絵のそこら中にオカルトシンボルが隠されている。この目的は何か?理由を3つ上げる。

  1. 悪ふざけ
  2. エホバの証人を病ませたい
  3. エホバの証人に道を踏み外させたい

前回はものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグで1の「悪ふざけ」説を説明した。

2は「エホバの証人を病ませるため」ものみの塔協会が出版物にサブリミナル的にオカルト画像を潜ませている説。エホバの証人たちは聖書をろくに読まず、ものみの塔の出版物ばかり繰り返し繰り返し読むので、そこに気色悪い画像が潜んでいれば、そりゃ心身が蝕まれる。

ものみの塔協会は、こうしてエホバの証人を病ませることには成功している。エホバの証人のほとんどが元々は健康だったのに、エホバの証人になったばかりに精神を病む。自殺する信者まで。

ものみの塔協会がオカルト効果でエホバの証人を病ませているのは医療業界のため

さて、ものみの塔協会がエホバの証人を病ませる本来の目的なのだが、前回は他人を貶めることで自分が得をするためなのではないかという面白仮説を上げた。クラスの成績上位者を狙い撃ちにしてトップを取る感じ。

全世界900万人のエホバの証人を病ませて非生産的にすれば、我々が得をするのだ!ということ。これはちょっと発想が幼稚過ぎるか。

そもそもエホバの証人になっちゃうような人々は、元々が下層労働者階級なので、足を引っ張る意味もない。それならば、考えられる目的なのだが、

全世界エホバの証人900万人が病む。→精神薬メーカーが儲かる。医療産業が儲かる。これじゃないか。

全世界900万人のエホバの証人というモルモット

現役・退役問わずエホバの証人のブログを見ていると、何かの病気持ちで病院通いをしている。相当医療費を使いこんでいる。当然、エホバの証人と言えども、自己負担分以外は社会保障から充てられている。

これで儲かるのは製薬メーカー、医療業界。こう考えるとエホバの証人を病ませるために、ものみの塔協会がオカルト挿絵をサブリミナル的に出版物に載せている説はあり得る。

全世界900万人のエホバの証人は実験対象。より効果的に精神を病ませる方法を研究・開発・実験するためのモルモット。さらに死ぬまで通院・投薬を継続させるため実験と実践が長年行われている。

これを実践して儲けてウハウハ言っているのは製薬・医療業界。ものみの塔がこの業界の傀儡としてエホバの証人を病ませている。これが当たりか。

次回は3の「エホバの証人に道を踏み外させたい」から、ものみの塔協会が出版物の挿絵にオカルト画像を紛れ込ませている説を検証する。

エホバの証人の王国会館に病気の人が多い理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください