ものみの塔協会はオカルト(オカル塔)組織

ものみの塔=オカルト(オカル塔)の証拠

ネットで見つけたJW解約資料。第一弾を読んでみる。前回は途中で挫折したのだが、今回は最後まで読む。

第一弾のテーマはものみの塔協会の出版物にオカルトシンボルが混入している件。やっぱ寒気がするほど気持ち悪い挿絵が多い。

面白かったのは『イタズラが大好き』という記述。

JEST TUPS THRU DAIRY

とものみの塔の挿絵に書いてあり、JESTはイタズラ、TUPSはPUTSの入れ替えで「イタズラを毎日行う」の意味になる。

私の仮説「ものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグ」の通り。エホバの証人のお馬鹿さんたち、気づけますか~ということ。

この資料の作成者は英語が堪能なので、理解できたのだろうが、私も含めて一般的なエホバの証人は理解不能だろう。

TUPSという意味不明な単語がある時点で思考停止して調べもしないし、そもそも文章として成り立っていないから、「イタズラを毎日行う」という意味にはならないと反論するだろう。

この資料ではTUPS→PUTSという綴りの入れ替えはオカルトで用いられる手法であると記載し、先手を打っている。ものみの塔=オカルトなのだ

イタズラ好きな悪霊がものみの塔協会に憑りついている

この資料によると、オカルトシンボル混入のイタズラを行っているのは霊だということ。エホバの証人で言うところの悪霊。悪霊が愉快犯でやっている。と記載。

悪霊がイタズラをしている根拠として、下記の説明がある。

絵のタッチが違うオカルトシンボルが何カ所も紛れ込んでいるので、単独犯ではなく複数の画家の仕業である。複数の画家が悪霊に操られ影響を受けている。

なるほどと思う部分もあるのだが、私はあまりこんなスピリチュアル話を信じない。現実的に考えると、霊よりも、組織ぐるみで画家にオカルト絵混入の指示が出ているという可能性もある。この可能性を指摘したのが「全世界900万人のエホバの証人は医療業界のモルモット

若干のスピリチュアル性を残した可能性として「悪魔サタンと契約しているものみの塔協会」も上げている。

JW解約資料としては、エホバの証人は悪霊も聖霊も信じているはずなので、ものみの塔協会が悪霊の支配下にあるという説得は有効と言える。

どちらにせよ、オカルト絵を出版物に載せまくっているものみの塔協会=オカルト(オカル塔)組織、近づかないに越したことはない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください