ものみの塔とエホバの証人にとり憑いている悪霊と戦う

全てのモノには霊がついている

ネットで発見した「真理真」さんが作成したJW解約用のpdf資料。下記よりダウンロード可能。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

第一弾の「不思議なシンボル」を読む。ものみの塔協会の出版物にオカルト絵がサブリミナル的に埋め込まれていることを指摘した内容。この資料で完全同意しきれなかったのが、

全ての組織団体には良し悪し関係なく担当する霊がついて

いるという部分。私はあまりスピリチュアルな話を信じないので、ここはもうちょっと根拠や証拠を示して欲しい。組織団体だけでなく、土地、個人にまで霊がついているとされている。

ここはもうちょっと突っ込んで根拠を説明して欲しいのだが、そんな根拠があれば世紀の大スクープだから無理難題であろう。とはいえ、目に見えないもの、証明できないものは全く信じませんというのも了見が狭い。

霊が人間に及ぼす影響とは

私は、自分の行動だけが未来を切り開くという立場。その行動は自分の意志から生まれるので、悪いマインドコントロール下にあれば悪い行動を余儀なくされてしまうのは当然。

ものみの塔の洗脳下にあれば、それすなわちものみの塔の悪影響が行動を変え自身の未来に悪影響が及ぶということ。この資料では

ものみの塔の霊は「独占欲」と「欲圧力」が強いので

大きな縛りとなって破綻をきたします(うつ病もその一つ)

と書かれている。エホバの証人に病人が多いのは、元々そういった気質の人が集まってきたというのと、ものみの塔に憑いている悪霊の影響があると考えることもできる。

何らかの霊的なものが存在するという前提に立てば、霊が意思に影響を与える可能性は充分にある。そう考えると霊の力は大きい。霊にしてみれば意識の分野こそが本領、人の意識に影響を及ぼす。すると、その人の行動まで影響されるということ。

ものみの塔に憑いているのが悪霊なら、それを攻撃する私にはものみの塔嫌いな霊がついているということになる。祖先の霊でもものみの塔嫌いな霊でも良いから、ぜひとも打塔JWに協力して頂きたい。それ以前に、まずは感謝か。

私が14才のときに、ものみの塔の悪の手から救い出してくれたこと。何度も交通事故で死にそうになったのに無傷で助けてくれたこと。そして、現在の幸せに感謝。この恩に報いるべく、打塔JWに邁進する。

14歳のときの脱塔は、私の強い意思が行動につながったのだが、その意思を固くしてくれたのは私の守護霊なのかも知れない。

エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている

ものみの塔協会はオカルト(オカル塔)組織


“ものみの塔とエホバの証人にとり憑いている悪霊と戦う” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください