ものみの塔協会の統治体、いい年して昇天しちゃうお馬鹿さん集団

組織維持のためだけに転がり続けるものみの塔協会

エホバの証人の宗教法人格、ものみの塔協会は組織そのものを維持するためだけに運用されている。

確信犯的に組織を利用し、経済的利益を貪っている幹部や教祖という分かりやすい悪役は外部から見えにくい。むしろ、ものみの塔の教祖的存在は存在しない可能性すらある。

この不毛さがエホバの証人の救われない所。国民総出で思考停止状態に陥り、無謀な戦いに挑んだかつて某国のよう。何のために戦うのか?膨張した組織の維持のため。この迷走の行き着く先は破滅。

エホバの証人の統治体の矛盾

エホバの証人の組織を上層部に向けてたどって行くと、行き着く先は統治体。統治体というのは、エホバの証人の最高機関。

統治体は白人の老人信者数人で運営されていて、彼らの多数決で全世界の信者の守るべき教義の決定やその修正が行われている。

統治体の成員は、神の霊感に基づいて組織の方向性を決めているという建前にはなっている。エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている

この統治体には突っ込みどころが多い。まず、なぜ米国人の白人老人しか統治体成員になれないのか?人種差別、性別差別、年功序列すか?

あとは実の兄弟で統治体成員になっていたりというケースもある。コネや肉親のつながりで優遇される組織であるということ。

あと多数決ってなに?多数決で教義を決めているって宗教組織としてそれで良いのか?そもそも統治体メンバーやものみの塔協会の会長は選挙で選ばれる。選挙ってエホバの証人禁止じゃなかったかい?

現在のエホバの証人の統治体

統治体メンバーは絶大な権力を握り、回収した寄付金で、貧乏くさい一般信者に比べ贅沢な生活を送っているのだが、一般信者にはそれが見えにくいように隠されている。

また、統治体は複数名で構成されているため、相互監視、権力の集中が抑止される。そのため、ものみの塔協会の初期の会長のように絶大な権力を握り、贅沢三昧・酒池肉林のやりたい放題という状態が現在では続いていない可能性もある。

全世界から寄付金が自動的に集まってくるので、やりたい放題できるのだが、権力を掌握しきれていないとそこまでウハウハ生活はできない。統治体メンバーは、崩壊に向けて転がり始めている組織の維持運営に追われているだけなのかも知れない。

統治体の老人が、当座の生活の保障以外に得られる特権と言えば、大人数の前で講演を行いマインドコントロール化の信者からの尊敬の視線を浴びたりするくらい。無価値だが、自己顕示欲の高い人々はこれが病みつきになるのだろうか。

初期の頃の会長のように贅沢三昧も出来ず、面倒くさい講演とか執筆とかしないといけないのをやり続けていられるのは、本人たちもマインドコントロール状態にあるから。いい年して「死後に昇天して~」とか思っているお馬鹿さん。

そんなお馬鹿さん集団が、ある程度の贅沢な暮らしをしているのは気に喰わない。なぜなら、それは全世界の無垢の信者から巻き上げた寄付金によるものだから。贅沢三昧の統治体メンバーを追放せよ


“ものみの塔協会の統治体、いい年して昇天しちゃうお馬鹿さん集団” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください