伝道と呼ばれるエホバの証人のねずみ算的集客システム

エホバの証人に狙い打ちにされる洗脳されやすい人々

エホバ神のお導きで、2人のエホバの証人が偶然にあなたの家に訪れた。そしてあたなの家の呼び鈴を鳴らした。そして、ついに真理にたどり着いた。

そんなことは決して無い。

エホバの証人は全ての家をしらみつぶしに回っている。あなたの家が不在であれば、留守宅はチェックしておいて、日時を違えて再訪問するという周到さ

運命的に真理に導かれた訳ではない。カルトの勧誘のために、エホバの証人は誰の家へも必ずやってくる。さも神の導きでとか言うだろうが、20万人のエホバの証人が毎日、毎日布教活動をしているのだ。

住宅地図を塗りつぶしながら、地区毎に巡回している。エホバの証人という災厄は誰の家にも必然的にやってくる。

その漁網に必然的にかかっただけのあなたは、目を光らせて獲物を狙っている人々に人生の全てを捧げる気になるだろうか。

エホバの証人の集客システム

さらに問題なのは、あなたと接する末端のエホバの証人その人本人が、実は被害者であるということ

エホバの証人には、伝道という信者が”家から家に真理を宣べ伝える”と言われている特徴的な活動がある。これこそカルト被害者がさらにカルト被害者を造り出していくというシステムの根源。

2021年9月現在、コロナ禍でエホバの証人の野外での伝道は止まっている。ものみの塔協会は聖書の字句を字義通りに解釈し遵守する。「家から家へ宣べ伝える」という聖句を字義通りに守ってきたエホバの証人が、コロナで方針転換したことが示すのは、ものみの塔協会は真理の組織でないということ。

宣べ伝えることを止めざるを得なかったエホバの証人が示す真実

コロナ禍で野外でのエホバの証人の伝道はなされていないが、現在はLINEやSNSなどを中心に行われている様子。引き続き注意し警戒すべき。

家から家からへ周る野外奉仕活動だけでなく、親兄弟、親族、職場の同僚、学校の先生、友人などにエホバの証人の真理・信仰を”証言することが”信者には要求されている。

親がエホバの証人であると子供もエホバの証人として育てられることになる。彼らはエホバの証人の2世と呼ばれ、生まれながらに悲惨な存在。懲らしめと呼ばれる体罰を受け、虐待され信仰を強要されて成長する。

そのエホバの証人の2世信者がさらに周囲に証言し、ある程度の年齢になれば見知らぬ家から家へと周る疫病神となる。そうやって、ねずみ算的にエホバの証人被害者が増加していく。

エホバの証人2世の大いなる受難


“伝道と呼ばれるエホバの証人のねずみ算的集客システム” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください