エホバの証人は宗教なのか?

エホバの証人は宗教なのか?

否、カルト宗教である。

エホバの証人は危険で有害なカルト。この証拠を示す。下記の本を参考に。

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

脱会したエホバの証人2世が書いた本。絶版なので読むなら中古で。

 

作者は、「エホバの証人自身はエホバの証人を宗教だとは思っていない」と書いている。「聖書研究しているだけ」と思っているそうな。んな訳あるか。

ものみの塔とは何か?宗教法人として登記しているが、自分たちは決して宗教ではないと考えている。

でたー。ものみの塔協会のご都合主義。宗教法人として優遇は受けるが決して宗教ではないということ。そんな理屈が通るか。宗教法人なら宗教で間違いない。しかも、自ら宗教臭を消そうとしているということは、後ろめたさがあるということ。

後ろめたくなくても、勧誘のためには宗教臭を消したいのだ。そうしてまで勧誘して信者を増やしたいというのは、寄付金を集め組織を継続させるため。

エホバの証人が正しく勧誘するのなら

「エホバの証人という宗教団体です。私たちの兄弟姉妹になると暖かく迎えられますが、輸血を拒否したり、全時間の仕事を辞めたりしなければなりません。」とはっきり言うべき。

都合の悪いカルト臭のするところは隠して、「熱心に聖書の勉強しています。あなたみたいな自己肯定感の低い依存心の強い人を暖かく受け入れます」という都合の良い面しか見せないのは卑怯。

伝道と呼ばれるエホバの証人のねずみ算的集客システム

エホバの証人がカルトである証拠

中には本当に真面目な一世兄弟もいて、勤めていた会社を辞めてパートになってしまう人もいる

仕事を変えないといけないのが、聖書研究などと言うのどかなものであるはずがない。命がけのカルト宗教。ある団体に関わることで、日常生活に支障をきたすのであれば、その団体はカルト。よってエホバの証人はカルト。

また、エホバの証人には輸血拒否の教義がある。”聖書に血を喰うな”と書いてあるので、それをエホバの証人の上層部の統治体の誰かが拡大拡大拡大解釈して、輸血もNGと思い付いたのだろう。

輸血拒否をして死んでいった信者も存在する。最悪、命を失うことがただの聖書研究?冗談もほどほどに。

エホバの証人は間違いなくカルト宗教なのである。カルトの証人。

『ドアの向こうのカルト』~エホバの証人のベテルという強制労働施設


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください