信仰の証言を強制されるエホバの証人2世信者の子供たち

他の宗教を一切認めず、周囲を巻き込むエホバの証人というカルト

エホバの証人の信者は団体で集まって布教活動をするだけでなく、個人的にも伝道を行うことが求められる。それは証言と呼ばれている。自身の信仰の証言をするということ。

家族、親戚、同僚、上司、学校の同級生、先生などに、自身がエホバの証人であることを告げ、また誰かれ構わずエホバの証人に勧誘することが求められている。

エホバの証人の本家米国の話だが、刑務所で宗教勧誘会を開いたら、参加したのは児童性虐待で収監されていた受刑者だけだったという話がある。結果、エホバの証人組織内で児童性虐待が起こりまくり。誰かれ構わず勧誘を行うから。エホバの証人の王国会館は児童性虐待の悪の巣窟。

家族まるごとを被害に陥れるのがカルト宗教の特徴。神は自分の心の中に入れば良い。周囲の人々の平和な日常生活を妨げてまで、宗教に巻き込む必要はない。

これは極端な例えだが、夫婦で片方が信じる宗教があり、もう片方がそれを認めつつも別の神に祈っていても良い。お互いの神を押し付けあう必要などない。逆に、

ものみの塔は自らが造り出した唯一神エホバ以外を一切認めていない。古今東西全ての神々と無神論者を悪魔サタンの手先だとしており、エホバの証人への改宗を迫る。

エホバの証人に改宗しなければ、来たるハルマゲドンで滅ぶ”この世”の人であると哀れまれ、悪影響があるからと深い交流を避けられる。

信仰の証言を強制されるエホバの証人とその子供たち

エホバの証人は周囲へ自分の信仰の証言を行わなければならない。自身の生活習慣が特殊であり、ものみの塔への信仰を第一にしていることを話さなければならない。

特に、子供にとっては参加できない学校行事が多く、周囲に迷惑がかかるため、この証言は必至。周囲と同じことが出来ないエホバの証人2世の子供は毎日が辛い。本来は望んでいない証言を強要されることで精神的に病んでいく。

問題は、本来は望んでいないということを自分自身で気付いていないケースが多いこと。

生まれながらに洗脳されているため、望んでエホバの証人をやっていると思い込んでいるが、楽しい学校行事を避けたい子供がいるわけがない。恥ずかしい思いをして、行事を見学するのを心から望む子供がいるはずがない。

この証言の強制が子供の私にとって非常に苦痛だった。私は生まれながらのエホバの証人2世信者で、14才のときに自分の意思でエホバの証人をやめた。ゆえに、エホバの証人から脱出するまでの14年間、この信仰の証言を強要された。

小学校では、進級の都度、新しい担任の先生に、自分がエホバの証人であると話さなければならない。

エホバの証人2世の子供にとって学校生活は異常に辛い。給食の時間の「いただきます」と「ごちそうさまでした」の合掌から、クリスマスパーティーまで、何から何まで周囲の子供たちと同じことが出来ない。

このような出来ない、参加できない行事が毎年、毎月、毎週、毎日あるエホバの証人2世の日常はまさに生き地獄。子供にとって他人と違うというのは耐えられない辛さだった。

強制されるエホバの証人2世の証言

伝道と呼ばれるエホバの証人のねずみ算的集客システム


“信仰の証言を強制されるエホバの証人2世信者の子供たち” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください