エホバの証人の中ではまともな方だった私の両親

エホバの証人の中ではまともな方だった私の両親

私の父親はエホバの証人の会衆内の長老だった。ところが、会衆内の信者個人の問題を解決するということは、父はエホバの証人の長老としては果たせなかった。しかし、エホバの証人をやめた後ではこれを実現することが出来た。

父が母と離婚し、別の女性と一緒に暮らしていたときのこと。その女性の子供が友人関係に大きな問題を抱えていた。未成年の初犯ながら実刑を受けるほどの重犯罪に手を染めることになった友人がいた。

これが本来の友人であれば、さほど問題にもならなかったのだが、実際には脅されて付き合わされていた。私の父親はその悪友との交際関係を断ち切るべく交渉にあたった。

父は、私にとって勇気と責任感を持った強く格好良い人だった。ものみの塔協会にさえ関わらなければ、それを体現し続けることが出来た

私が自動車事故を起こしたときに、相手が運悪く暴力団関係者だったことがある。父親はその事務所へ一緒に謝りに行ってくれた。小さな傷がついた高級車を買えと言われ、私の父親は誠心誠意謝るとともにしっかりと断ってくれた。

この頃の私は両親よりも先にエホバの証人をやめており、両親のエホバの証人の組織第一という価値観とは圧倒的に相違があった。それにも関わらず父は1人の親として私の問題を解決してくれた。

私の母親にしても父親と同じだった。私がエホバの証人をやめたあとでも普通の母親として20歳で家を出るまで接してくれた。

私がエホバの証人をやめた後の両親の態度が、私が社会的に足を踏み外すギリギリで留めたともいえる。両親に見放されていれば、人生などどうでも良いと10代の私がさらに暴走を強めた可能性が高い。

また、10代で両親に見捨てられたとなると、精神的なダメージも大きい。現在の私のようにノーマルな家庭を築くことすら難しかったと考えられる。

エホバの証人というカルト宗教の被害を受ける二世信者の子供たち

元エホバの証人二世の生まれて最初の記憶

エホバの証人組織から排斥になるかならないかが親子関係を残す鍵

私は十代のうちに付き合っている彼女がいて家に連れてきたりもしていたし、未成年でありながら飲酒や喫煙を始めていた。

これはバプテスマという儀式を受けものみの塔協会に献身した正式なエホバの証人信者であれば排斥となる禁止事項。私はバプテスマを受ける前にエホバの証人をやめていたので排斥処分にはならなかった。

バプテスマというのは一般的なキリスト教の洗礼とか浸礼の儀式。この儀式をくぐると正式なエホバの証人とされ、信者からは兄弟姉妹と呼ばれる。逆にバプテスマを受けていない信者は”さん”づけで区別される。何とも排他的な組織だ。

排斥処分となると、家族であっても接触を最低限に保たねばならないというのがものみの塔協会の戒律。排斥処分にはなっていなかった私に対して、両親ともに親として充分に関わりを持ち続けてくれた。

逆に排斥になっていた場合、この親子関係がどう転んだかは分からない。バプテスマを受けた信者が、エホバの証人的重罪を犯すと排斥になる。

私がバプテスマを受けずに脱会に至ったのは、最後の最後で両親に守られていたということだったのかも知れない。私が不真面目な不熱心なエホバの証人二世だったということもあるが。

我が家は、父は会衆の主催の長老、母は正規開拓者という筋金入りのエホバの証人両親だったので、子供の私が不真面目でも無理矢理バプテスマに踏み切ることもできたはずだ。

むしろ両親もそれを望んでいたはずなのだが、14才で私がエホバの証人を辞める段まで、バプテスマを強要されなかった。これは、やはり最後の最後で両親にカルトから守られたのだと考えたい。

あなたの家にも必ずやって来るエホバの証人

我が家は、ものみの塔協会の洗脳に陥り崩壊するという不運に見舞われた。とはいえ、私はそれでも恵まれた両親のもとに生まれてきた。歴史にもしもはないのだが、エホバの証人にさえ出会わなければこんな運命をたどらなかった。

しかし、エホバの証人は必ずあなたの元にやってくる。家から家を誰一人として漏らさないようにして巡っているから。エホバの証人に出会うという不運は必然。

危険なカルトに洗脳されたエホバの証人は、間違いのない善行のつもりで熱心に勧誘活動を行っている。その伝道奉仕活動はおせっかいで無意味で何も生み出さない。新たな信者の発掘はものみの塔協会という組織を潤すだけで何も生産しない。

エホバの証人の自称ボランティア活動は平和な家庭の破壊活動。ものみの塔協会という悪の手先の来訪には細心のご用心を。


“エホバの証人の中ではまともな方だった私の両親” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください