エホバの証人の王国会館とは?

エホバの証人の王国会館とは

エホバの証人が集まる集会は、王国会館というものみの塔協会の集会場で行われる。王国会館は全国各地にくまなく建設され、よく目にする建物である。

私はあのパステルカラーの建物を見ると、何とも言えない嫌な気分になる。簡素な造りのあの建物を見ると吐き気がする。羽を伸ばしに海外に行ったりしていても、いきなり王国会館が目に入ってきて、非常に不快な気持ちになったことがある。

信者の無償の奉仕活動と寄付金で建設される王国会館

この王国会館はエホバの証人信者たちの奉仕活動と寄付金によって建設されている。私が王国会館に連行されていた1990年代半ばには、専門的にこの王国会館の建設に携わるチームがあった。

この建設チームに加え、一般信者も寄付金だけでなく、自分の時間を差し出して王国会館の建設を行う。それこそハンマーをもって釘を叩くところから、食事の手配まで様々。これらの活動は全て無償で行わなければならない。

私も子供の頃、何度もこの王国会館の建設の手伝いをさせられた。自分が主に連行されていた王国会館だけでなく、近隣の会衆の王国会館の建設にも時間をかけて行かなければならない。

会衆というのは地区毎のエホバの証人の集まりのことで、100人程度が限界で、それを超えると分割される。新しい王国会館が建てられる場合もあれば、都会でエホバの証人人口密度が高くなると、時間帯を分けて王国会館を複数会衆を使用することもある。

エホバの証人にとって感慨深いものがある王国会館

私が連行されていた王国会館は、古い建物をリフォームする形式で建築された。外壁は緑色のパステルカラーに張り替えられる。内装は白い壁紙で統一され、演台や第二会場となる小さな部屋も作られる。

建前上は物置き部屋なのだが、実質はこらしめという子供の体罰に使われる密室も作られる。王国会館は駐車場やトイレも備えた、わりとしっかりした建物として建設され、会衆のエホバの証人にとって心の拠り所というか、逃げ場所になる。

児童虐待が隠蔽されている王国会館を通報せよ

王国会館が完成した暁には、献堂式という盛大なセレモニーが開かれる。献堂式は建設に金銭的、体力的、時間的に協力をした周辺会衆のエホバの証人が集まる。協力した信者だけが呼ばれる訳でもないので、大騒ぎなイベントになる。

私も引っ越し前の会衆の献堂式に行って、10年ぶりに幼馴染と言えるようなエホバの証人の子供たちに会わされたことがあった。この頃、私はもうエホバの証人を辞めていて、エホバの証人活動に一切参加していなかった。

それでもこの献堂式に行ったのは懐かしい幼馴染に会いたかったから。変わらずエホバの証人をやっている子もいれば、私同様に親と闘いやめている子もいて様々。こんなほろ苦い思い出もあり、王国会館はエホバの証人をやめた者にとっても記憶に残る場所となる。